小川山(140722)

0 かわいい女_6192a
     Photo0 ロープを引いて

記録
日程:2014,7,22~23
メンバー:Nさん、Nさん、安田 
天候:7/22、23日 ともに晴れ

22日     ガマスラブ
白樺が芽吹き始めた5月下旬以来の小川山クライミング。前回からすでに2ヶ月経っているので周囲はすっかり夏色。今日でどうやら長かった梅雨も明けるらしい。
前回は登らなかったガマスラブの岩場に着くと1パーティがガマルートに取り付いていた。夏休み期間に入ったとはいえ、平日の上に梅雨の行方が定まらなかったので人出は少なく彼らが登っていってしまうと岩場は貸切状態となった。
SNさんにトップロープを張っていただき、小川山は初めてというNKさんが先ずはスラブの感触確認。スイスイとは行かないまでも終了点まで登って降りてくる。
いつもと同じで“皆さんのウオーミングアップは私の真剣勝負”といいながら、わたしもどうにかスラブを登る。一巡するごとに隣のルートへロープを掛け替え右端まで行ったところでロープを回収し、一段上がった次の岩場へ移動。10aのルートを2本ほど登って本日はご馳走様状態

2 白いフレーク_6179
     Photo1 ハングを超えて

3 ガマルート2P_6182
     Photo2 KNさんクラックを使って

4 ブレイブハート_6180
     Photo3 スラブを直登

キャンプ場に戻りコーヒータイムを過ごし、いつもながらの豪華な夕食をいただいた後は夜の帳に包まれて焚き火をしながら歓談して本日は終了。

22日     スラブ状岩壁

ゆっくり起床して食事を摂り、岩が乾くのを待ちながらタープの下で食後のコーヒー。
やがて岩場へと歩いてゆく知り合いのガイドさん一行の姿を見送って我々も出発。20分ほどの歩きで到着するとすでに目指していたところにはロープが2本かかっていたので左寄りのルート“Song of Pain”にロープを張ってウオーミングアップ。各自登ったところでさらに左の“穴があったら出たい10a”にトライ。
各自登って様子を伺っていると目的のルートが空いてきたので移動。
来週の山行の予行演習で”ウルトラセブン“と”かわいい女“をリードで登ってトップロープを張る。各自登って終了点から対岸の山並みを展望、そして昼食。そうこうしているうちに隣のハングのあるルートが開いたのでロープの支点を追加してクライミング開始。
終了点直前のハングが核心と思っていたが・・・・・・。途中のスラブが難しい。
支点はあるがトポには載っていないルートなので知り合いのガイドさんに聞いてみると“オーウェンのために祈りを”のバリエーションとのことでこちらのほうが難しいらしい。
支点に沿って登るとスラブで落。1メートルほど右か左に避けるとかなり楽になって、ハングまでは私のレベルでも容易に到達可能。各自トライするも・・・・。まぁ、今後の課題ですね。
ガイドさんたち一行が立ち去ったので我々も岩場を引き上げ、キャンプ場に戻ってテント、タープを回収して今回の小川山クライミングを終了した。
帰路途中でちょっと回り道して川上村のヘルシーパークに立ち寄り入浴。ネット情報どおり入浴料金300円也で他の入浴施設に対して激安。併設のレストランで野菜サラダたっぷりのとんかつ定食を夕食にして家路に着いた。

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

カレンダー
06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

安田 和弘

Author:安田 和弘
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

お名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

リンク
訪問者数(from20141110)
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる