草津白根山

0コマクサ_5808
     Photo0本白根山に咲くコマクサ

記録
日程:2017,07,15
メンバー:安田

7/15日 天候 曇り :
コースタイム:レストハウス駐車場(8:11)→白根山火口展望台(8:26)→レストハウス駐車場(8:42)→逢ノ峰(9:00~19:12)→コマクサリフト始点(9:25)→鏡池分岐Ⅰ(10:03)→鏡池(10:09~10:20)→鏡池分岐(10:26)→本白根山展望所(10:50)→本白根山遊歩道最高点(11:07~11:24)→コマクサリフト上部分岐(11:51)→コマクサリフト始点(12:02)→蓬莱岩分岐(12:14) →明治火口(12:27)→レストハウス駐車場(12:36)
行程10.1km累積標高770m     ルートマップは ここ です。

毎日天気図を見ていると梅雨前線が北上したり南下したり、おかげで天気は猫の目変化。例年ならそろそろ梅雨も明けの期待もといったところだが昨今は局所的に大雨が降ったり、子供の頃なら考えられないような暑い日が続いたりとなかなか複雑怪奇な天気が続いている。とはいっても勤労者の頃は天気なんて殆ど気にしていなかったので天気が気になるのは時間を持余しているということか?

暑い暑いと不平不満を言ったところでどうなる訳でもなし。一時的にでも涼しいところに逃げるにしかずと思い思案した結果が、前回の山よりもパワーアップして標高が高い草津の白根山。6月に火山規制が緩められたのでそれまで車を停めることが出来なかったレストハウスの駐車場も使えるとの事で出かけてきた。

渋川伊香保ICで高速を降りて長い長い一般道走行となるが連休初日にもかかわらずスイスイ。長野原を過ぎる頃になって他見ナンバーの車が何台か前を走っていることに気付いたが・・・・どうも同じような考えを持った人がいるらしい。レストハウスの駐車場に着いて見上げると既に白根山の火口展望台(湯釜展望台)から降りてきている人も。

曇り空の一部からは青空が覗いているので気温が上がってガスに取り巻かれる前にと思い、白根山目指して登り出すが規制が解除されているのは火口展望台までの区間のみ。
1湯釜_5780
     Photo1 白根山火口展望台(湯釜展望台)から見た湯釜と手前の涸釜

天展望台から湯釜と涸釜を見下ろしてすぐに駐車場へと戻り、道路を渡って今度は本白根山方面の周回ルートに入った。
2弓池と逢ノ峰_5784
     Photo2 白根山火口展望台(湯釜展望台)から見たレストハウス駐車場と逢ノ峰

目の前の逢ノ峰を目指して登りすぐに山頂の休憩所に入り込み、窓から展望を楽しみながら吹き込む気持ちよい風にあたりながら腹ごしらえ。よく見ると山頂直下の登山道横には名残の石楠花が咲いていた。逢ノ峰からコマクサリフトの始点目指して降り、ローププウエー山頂駅の少し手前から鏡池への遊歩道を進んだ。
3ロープウエー山頂駅_5793
     Photo3 ロープウエー山頂駅と周辺の草原

山頂駅からすぐの草原から潅木帯のトラバース道を進むと高山植物の花盛り。
4ゴゼンタチバナ_5794
     Photo4 ゴゼンタチバナ花盛り

ゴゼンタチバナの花街道を進みルンゼを渡って富貴原の池遊歩道入口を過ぎ木の階段を登って尾根に出ると鏡池分岐。ここで左折してハイマツのトンネルを降って行くと鏡池畔に到着。
休憩しながら風が凪ぎ漣が消えるのを待っていると漸く分岐の解説板に書かれていた”亀甲状模様が現われた。
5鏡池亀甲模様_5799
     Photo5 鏡池湖底の亀甲状模様

観察もそこそこに分岐まで戻り先に進んでザレた尾根を本白根展望台へ登り始めるとコマクサ登場。
6コマクサ_5810
     Photo6 コマクサ ちょっと盛りが過ぎたかも?

この辺りまで来ると登山者も多くなってきた。草津白根山は交通の便もよくアップダウンも少なく歩行時間も短くてすむのでコマクサ見物には一番手ごろなので賑わうようだ。コマクサの写真を撮りながら進んで人でいっぱいの展望台は通過し、本白根山中央火口の分岐から遊歩道最高点を目指したが・・・・
前方には団体さんが蟻の行列のように降ってくる姿が。コマクサが良く見られそうな地点まで進んで団体をやり過ごし、最高点に到着したところで休憩。
7本白根遊歩道最高点_5816
     Photo7 本白根山遊歩道最高点

中央火口周辺から展望台までの景色を眺めながら、どうにか人が少なくなりそうな頃合を見計らって分岐までもどった
a href="http://ogennki3.blog.fc2.com/img/20170716150251aec.jpg/" target="_blank">8展望所_5815
     Photo8 本白根山展望所 登山者の行列が・・・

分岐からは火口壁沿いの道を登って行くがこの辺りに来るとカメラに三脚をつけて担いだ人がチラホラ。
駐車中からは最短距離でコマクサ見物が出来るところなので遊歩道で狙っている人が多い。三脚を担いだままですれ違いざまに振り向かれると危うくカメラにゴツン。・・・・ちょっと注意してほしいものです。

コマクサの咲くザレ場を過ぎるとまもなくコマクサリフト上部への分岐に差し掛かり、樹林のなかの 広くなった道を降ってゆくとやがてスキーゲレンデの隅に飛び出しリフト始点に到着。
ここからは舗装道路を歩いてレストハウスの駐車場を目指すが途中、鏡池が見え出したところで左折し鏡池の周回歩道に入った。
左折した分岐からすぐの蓬莱岩の岩峰を巻き、木道を進むと湿原に白いワタスゲが風に揺れる姿が目に入った。
9蓬莱岩と湿原_5827
     Photo9 蓬莱岩と弓池湿原

始めは弓池を横断するつもりでいたがワタスゲを見ようと湿原を回るルートに変更。
10ワタスゲ_5825
     Photo10 白いワタスゲが風に揺れる

ぐるりと回って国道に出ようと木段を上りだしたら今度は左側の小さな池の解説板が目に入った。この小さな池、明治火口といい明治35年に噴火した火口跡らしい。
11明治火口_5828
     Photo11 明治火口

ゴツゴツした岩で囲まれ噴煙があがっていたであろう火口が、100年そこそこで小さな池になり今ではナナカマドやワタスゲもチラホラ。
自然の力というか植物の生命力はすばらしい。噴火は人にとっては100年前といえばおじいさんの時代、地球にとっては一瞬前だったわけだ。
明治火口を過ぎ階段を上がって国道を横切ればレストハウスの駐車場。車はかなり増えていた。曇り空とはいえ駐車場に停めていた車の温度計は20℃、山から降るうちにあれよあれよという間に上昇し帰宅してみれば36℃。
コマクサにワタスゲ見物のお土産付きで狙い通りの避暑であったが・・・・書いている今は暑さと湿度でウダウダ。


Appendix
ワタスゲ  風に吹かれて
白く見えるのは花ではなく種子の集まりの綿毛なんですね。綿毛が見られる頃は花はすでに終わっています。

A3ワタスゲ_5826


テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

立処山(タトロ山)

0立処山山頂_5749
     Photo0 立処山(タトロ山)山頂

記録
日程:2017,07,12
メンバー:安田

7/12日 天候 曇り :
コースタイム:古鉄橋駐車スペース(11:34)→鍾乳洞(12:05~12:30)→尾根西端展望岩(12:40)→立処山(12:49~13:01)→明家分岐(13:06)→送電鉄塔Ⅰ(13:34)→H800(13:55~14:06)→鹿ネット出口(14:12)→送電鉄塔Ⅱ(14:23)→オバンドウ峠(14:36)→間物明家入口(14:58~15:01)→《自転車》→古鉄橋駐車スペース(15:09)
行程10.1km累積標高770m     ルートマップは ここ です。

毎日30℃を越す日が続き長い山歩きには出かける気力が失せてしまうが、時間も然程掛からずその上山頂近くには涼しい風が吹き出す鍾乳洞があるという立処山(タトロ山)へ出かけた。
自宅から西上州方面に出かけるときはR299を走り埼玉群馬県境の志賀坂峠を越えて神流町に出ることが多いので立処山は気になっていたが山へ出かけた折に帰路で立ち寄ろうと思いながらもいつも通過してしまっていた。
小鹿野からR299が志賀坂峠を越え神流町へ降って行くと最初に現われる集落が”間物”。”間物”のヘアピンカーブのところにある”明家”への入口に自転車をデポし、更に降ってR299が神流川を渡る古鉄橋の直前で左折して駐車スペースに車を停めた。

装備を整えて駐車スペースの奥へと進むと立処山への案内標識が現われたのでそれに従ってコンニャク畑とタラノ芽畑の中を通って鹿ネットを通過すると登山道が始まった。
1コンニャク畑を通って_5731
     Photo1 右側コンニャク畑 左側タラノ芽畑

神流川と町の中心部を背にしながらツヅラ折れの道を登って行くと次第に石灰岩の砂利混じりの道となり、やがて左側に立処山北面の岩壁基部が樹林越しに見え出した。
登山道正面の岩に赤ペイントで”鍾乳洞”。更に登ってゆくと指導標と鍾乳洞入口の看板が現われた。
2鍾乳洞標識_5735
     Photo2 鍾乳洞入口の看板

すぐ左の岩の割れ目から涼しい風が吹き出しているのでこの季節だと鍾乳洞入口がすぐわかるが、寒い季節だとちょっとわかりにくいかもしれない。
3鍾乳洞入口_5736
     Photo3 岩の割れ目が鍾乳洞入口

鍾乳洞入口で涼風を背に受けながら休憩していると身の回りには白い湯気が立ち込めてきた。汗だくのシャツから水分が蒸発してそれが冷やされて結露したようだ。ヘッデンを取り出し鍾乳洞の中に入ると涼しい!
最初はクサリ、次いでアルミハシゴ、ロープを伝って中へと進むが濡れた石灰岩と堆積した土で滑りやすい。
4鍾乳洞アルミハシゴ_5739
     Photo4 鍾乳洞内部

途中分岐しているがより深そうなほうへと進み、最奥は地底湖になっていたらしいが今は干上がった小さな広場まで到達して戻った。周囲を見渡しても同じような景色が闇の中に広がっているので方向感覚が怪しくなった。入口まで戻ると外気はムシムシ暑い。すぐに眼鏡は曇ってしまった。

鍾乳洞からはロープがフィックスされた急斜面を登るとすぐに尾根に出た。指導標には無いが尾根の西端を目指して少し降ると南と西側の展望が開けた岩峰に出た。
5立処山尾根西端_5744
     Photo5 尾根西端の岩峰

ここから折り返し今度は尾根を東へ進み”明家”への分岐を通り越し侵食された石灰岩の岩場を登ると立処山山頂に出た。足元には神流町の中心部、対岸には城山、
6対岸の城山_5752
     Photo6 神流川対岸の城山と麓の神流町中心部

東のほうには山頂を削られた叶山が良く見えた。
7叶山_5751
     Photo7 山頂が切り取られた石灰岩の山 叶山

山頂で休憩後”明家”分岐まで戻り、左折して”明家”を目指して斜面を下り尾根歩きが始まった。

歩きやすい開けた尾根を進むとやがて岩場が出てきたり、
8尾根のロープ場_5755
     Photo8 こんなロープ場もあります

く手を遮るような大岩が出てきたりしながらアップダウンを繰り返して徐々に高度を上げてゆくと”R299への下降点”。ここはそのまま直進して尾根を進み送電鉄塔Ⅰ下を通過すると鹿ネットが現われた。薄い踏跡を追って鹿ネット沿いに進むとやがて廃林道と思われる道幅となってきた。
茂った潅木や茅を避けながら進むと再び鹿ネットが現われた。ネット右側は急斜面なので今度はネットを開けて中に入り込み廃林道を進んだ。
9崩壊した林道_5762
     Photo9 斜面が崩れた林道、路面には潅木と茅が生茂る

途中腰を下ろすには適当な岩を見つけて休憩。再び歩き出すと漸く鹿ネットの出口に到着。この先林道はピークを巻くように延びているが、潅木と茅には辟易していたので尾根を直進してピークを越えた。

途中の送電鉄塔Ⅱ辺りからは右下に明家廃集落と思われる赤い屋根が見えたが、右斜面を降って見に行くほどのことは無いと思い尾根を更に進んだ。ピークを越えたところで送電鉄塔Ⅲ下に出たが、今度は草藪の中にゲートが出現。進入禁止になっており、先には工事用に使われたと思われる崩れかかったプレハブが見えた。
送電鉄塔Ⅲから降るとすぐにオバンドウ峠に出た。
10オバンドウ峠_5766
     Photo10 オバンドウ峠

オバンドウ峠で左折して自転車をデポしておいた間物目指して道を降った。
尾根を横切っている道はR299沿いの間物とかつて人が住んでいた明家を結ぶ生活道だったのか非常に歩き易い。やがて下のほうに間物の集落が見えてくるとすぐにR299のヘアピンカーブに出た。ここからは自転車で一気に古鉄橋の駐車スペースに戻った。






テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

大源太山 七ツ小屋山 周回

0大源太山_5706
     Photo0 大源太山

記録
日程:2017,07,09
メンバー:安田

7/09日 天候 晴れ :
コースタイム:旭原駐車場(4:16)→渡渉点(4:26)→謙信ゆかりの道入口(4:29)→渡渉点(4:44)→H1080(5:12~5:21)→大源太山(6:35~6:57)→H1585(7:36~7:46)→七ツ小屋山(8:04~8:19)→シシゴヤノ頭分岐(8:47)→P1465(9:10~9:23)→シシゴヤノ頭(9:34)→H1175(10:03~10:22)→水場(10:48~10:58)→謙信ゆかりの道入口(11:16)→旭原駐車場(11:30)
行程11.5km累積標高1354m     ルートマップは ここ です。

太陽がギラギラ照りつけ梅雨明けと思うような日々が続いているのでちょいと近場で涼しそうな山はないか?この季節なので陽射しは強いが尾根歩きでも谷間の残雪の上を吹き上がってきた風が心地よいのでは・・・・・と思い上越国境の山に出掛けた。

越後湯沢ICで高速を降り、途中のコンビニで食料飲料を買い込み、大源太山登山口の旭原駐車場に着いて仮眠。涼しいうちに稜線まで上がってしまおうと考えて夜明とともに同時に出発。
1大源太山登山口_5690
     Photo1 早朝の大源太山登山口

植林の中を進むとやがてと北沢の渡渉ポイントに到着。水量はあるがフィックスロープを使って飛び石で対岸にたどり着くことが出来た。
2渡渉点Ⅰ_5691
     Photo2 最初の渡渉点

左岸歩き数分で”謙信ゆかりの道入口”に到着。更に左岸沿いの道を進むと涸れた支沢にでた。対岸が削られアルミハシゴが架っているがかなり破損していて心もとない。
3支沢横断_5693
     Photo 3 支沢の対岸のアルミハシゴ

注意深く登って更に左岸道を進むと今度は右岸への渡渉点。ここもフィックスロープを握って右岸に渡った。
ここからは大源太山へ突き上げる弥助尾根の支尾根登りとなり急登が始まった。しばらく登るとやがて周囲は潅木となり左側が切れ落ち展望が開けたところで休憩。ここまで森林帯だったが微風すらなく湿度が高かったので汗だく。まだ太陽高度が低く虫が飛び交い始める前だったが用心して長袖のままとした。
休憩して少し登ると右手に大源太山が見え出し、
4大源太山_5695
     Photo4 大源太山が見え出した

すぐに弥助尾根稜線に出た。ここからは多少のアップダウンを繰り返しながら次々に現われる岩場を登って行くと
5大源太山_5699
     Photo5 弥助尾根上部 もうすぐ大源太山頂

大源太山山頂に到着。
6大源太山山頂_5704
     Photo6 大源太山頂

360度の展望が広がるが巻機山へ続く上越国境の山々には靄がかかり薄っすらと稜線と谷に残った残雪が確認できるのみ。登ってきた弥助尾根は東側は朝陽を受け緑に輝き始めていた。
7弥助尾根_5701
     Photo7 登ってきた弥助尾根 彼方に越後湯沢の町

しかしここでも空気は微動だにせず蒸し暑くその上直射日光を受けているので素肌露出部分はヒリヒリ。

大源太山で休憩後、クサリとロープが続く岩場を一気に下降。最低鞍部まで降って七ツ小屋山までの登り返しとなるが途中潅木の日陰で涼風が吹きぬける場所に遭遇。七ツ小屋山まで登り稜線に出ると日陰が無いのでここで休憩。
涼んで歩き出だし稜線の縦走路に出たところで右折、笹原の中を歩くとすぐに七つ小屋山山頂。
8谷川岳への稜線_5710
     Photo8 七ツ石小屋山頂からの谷川岳方面への稜線

ここで蓬峠から登ってきたというグループと遭遇してまたもや休憩。
七ツ小屋山からは膝丈ほどの笹の中に延びる登山道をダラダラ降って少し登り返すとシシゴヤノ頭へと延びる尾根の分岐点。
9稜線登山道_5716
     Photo9 笹原の中の登山道 ニッコウキスゲやイブキトラノオの花が咲く

。直進して蓬峠の小屋に立ち寄ろうかと考えたが、ここに戻ってくるためには直射日光の中での登り返しとなるので思い直し右折しシシゴヤノ頭を目指した。
シシゴヤノ頭まではところどころに潅木があるものの陽射しを避けるような場所は無い。通過してきた大源太山と七ツ小屋山を右に見ながら稜線上を進み。
10大源太山と七ツ小屋山_5718
     Photo10 大源太山(左)と七ツ小屋山(右)

シシゴヤノ頭の手前でどうにか潅木の日陰を見つけて休憩。高気圧の真っ只中で風が無かったがこの時間になると日射で気温が上がり空気が動き始めたので谷間の残雪の上を通過した上昇気流で多少涼しさを感じるようになった。
休憩後は一気にシシゴヤノ頭を通過して下降しはじめた。この辺りからは歩く人が少ないのか登山道が一段と細くなり潅木帯の中をツヅラ折れに降り始め、やがて陽射し遮る樹林に入ったところで適当な岩を見つけて休憩。
ここからは駐車場まで一気に降れると思って進むと今度は水場が登場。
11水場_5724
     Photo11 水場

ここで誘惑に負けて再度休憩。顔を洗ったりシャツを脱いで体を拭いたり・・・・
水場では左側にヒロクボ沢の水音が聞こえていたが歩き始めるとやがて沢音は消え、少し進むと今度は正面から北沢の重量感のある流れの音が聞こえてきた。
正面直下に北沢の河原が見え始めるとすぐに朝通過した”謙信ゆかりの道入口”に出た。
12謙信道入口_5725
     Photo12 “謙信ゆかりの道”入口

ここからは朝歩いた道を戻り、渡渉を経て登山口の駐車場へと戻った。
出かけるときには2台だった車も10数台に増え、駐車場からの帰路途中では林道横のスペースにも駐車している車があった。
7月も上旬を終わろうとしているのに国境の山々の谷間にはまだ残雪があった。途中であったグループは谷川馬蹄形の稜線を歩き、清水峠から土合に戻るということで残雪歩きが楽しめるということだった。
正午前に走り出して途中、谷川PAで大清水をボトルに詰め込み帰宅。いつも込み合っている大清水の蛇口はまだ時間が早かったためか順番待ち無しで水を詰めることができた。








テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

安田 和弘

Author:安田 和弘
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

お名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

リンク
訪問者数(from20141110)
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる