裏妙義 谷急山女道

0谷急山_6931
     Photo0 P2のピークから見た谷急山
記録
日程:2017,11,09

メンバー:安田

11/09日 天候 晴れ :
コースタイム:旧国民宿舎(6:46)→女道入口(7:24)→沢筋右折(8:02)→大遠見峠(8:30)→P1(8:45~8:55)→P2(9:22~9:26)→P4(9:53)→谷急山(10:02~10:26)→P1(11:29~11:36)→大遠見峠(11:46)→三方境(11:55)→三方境への分岐(12:56)→旧国民宿舎(13:01)
行程11.5km 累積標高1635m     ルートマップは ここ です。

紅葉が次第に下りて来たので標高1000mにも満たない妙義周辺も色付いた頃と思い出かけた。
昨年閉館した裏妙義国民宿舎の駐車場に入れるかどうか心配したが、建物の外観は変わっていないし駐車場も使用することが出来た。

旧国民宿舎から橋を渡り右折、中木川に沿った林道を進み慰霊ケルンのある星穴新道入口を過ぎて、林道が今度は中木沢橋で中木川を渡るとすぐに女道入口の道標が出てきた。
1女道入口_6917
     Photo1 女道入口 

林道は旧国民宿舎近くのゲートで閉じられているが女道入口までの間に資材を積んだ作業車が抜いていった。奥で工事中か?

女道入口の直ぐ奥に堰堤があったので急登で尾根に上がり堰堤を越えると思ったら道はそのまま尾根を乗越すように進みやがて谷急沢に降りて行った。
2沢筋に降りた_6920
     Photo2 尾根の斜面を降って谷急沢へ 

ここからしばらく谷急沢沿いに歩き何度か渡渉したり高巻いたりしながら進むとやがて大国乗越沢と大遠見沢の二俣に到着。
ここからは右折して沢筋を離れ落ち葉の敷き詰められたルンゼを登りつめてゆくとやがて尾根に出て、
3ルンゼ6922
     Photo3 落ち葉の敷き詰められたルンゼを登る 

さらに登って行くと大遠見峠で裏妙義の稜線の登山道に合流した。
4大遠見峠_6923
     Photo4 裏妙義稜線の登山道と合流する大遠見峠 

大遠見峠で左折し稜線を進むと一登りで標高984mの三角点のあるピークに出た。ここまで陽当りがあって腰が下ろせる適当な場所が無かったので一気に登ってきたがピーク上は陽射しがありしかも雑木林越しにではあるが展望も得られるのでここで休憩。
5P1_6924.jpg
     Photo5 P1(984m)山頂

このピークを最初のP1として谷急山まではP6まで6つのピークを越えるらしい。
休憩後降ってヤセ尾根を通過しP2へ登って行くと最初のロープ登場。ここからはP2の前後でおよそ10箇所のロープ場があった。クサリ場はP2への登りの岩場で1箇所、今回のルートでは唯一であった。
P2からは360度の展望が得られ雲間からの陽射しを受けた谷急山、丁須の頭へと連なる裏妙義の尾根、
6丁須ノ頭方面_6928
     Photo6 風穴ノ頭から烏帽子岩赤岩丁須ノ頭へと続く裏妙義の山並み 

表妙義の山々のシルエットも良く見えた。
7金洞山星穴岳_6948
     Photo7 表妙義金洞山星穴岳のシルエット 

P2山頂から急勾配を降りキッレトに降り立ち
8キレット_6959
     Photo8 P2-P3間のキレット 

P3へ巻上がる途中のトラバースは北面でバンドの幅が狭く、ザックを枝に引っ掛けて弾かれないように注意しながら登った。

P3から先は歩きやすい尾根道となり途中幾つかの小ピークを巻きながらP4P5P6と越え、高度を上げてゆくとやがて谷急山山頂に出た。
9谷急山山頂_6952
     Photo9 谷急山山頂 

途中P4にはこのルートでは珍しく古く朽ち果てた指導標が残っていた。地形図を見るとここが大烏帽子・小烏帽子から大黒乗越経由での谷急山へ登路の分岐のようだ。とはいっても踏跡を見つけらことは出来なかったが。

谷急山山頂は潅木に囲まれているが、小枝を掻き分けると浅間山や鼻曲山浅間隠山を見ることが出来る。
前回は 裏谷急沢 を詰めて山頂に至ったが、そのときは麓から途中まで芽吹きが始まったばかりの季節で、沢で落ち葉を掻き分けていたら指にヒルに取り付き血を吸われたが・・・・・
今回はそのときよりも気温が低いし、ヒルが居そうなところも通過しなかったので何事もなし。

江戸時代に和宮が通った軽井沢宿から峠を越えて碓井の関所へ降る中仙道の尾根道、かつては有料だった入山峠を越える碓井バイパス、トンネルで長野群馬県境を通過する上信越自動車道と時代の移り変わりで位置が変わった交通の変遷が良く見えた。

10高岩_6946
     Photo10 真ん中の岩山が高岩 麓に見えるのが上信越道と高岩トンネル 

残念ながら時代的には旧中仙道と碓井バイパスの間に位置するカーブのコーナーが連続した旧道は良くわからず。

陽射しを受けながら休憩した後は往路を大遠見峠まで戻り、ここは直進して三方境まで尾根を進んだ。
紅葉した木々に目を奪われながら進みやがて
11落ち葉の尾根道_6974
     Photo11 落ち葉の絨毯を踏みながら下山 

薄暗い植林帯に入り、中木川の流れの音が聞こえだすと眼下に流れが見え出した。
12紅葉_6976
Photo12 植林帯手前の紅葉 

いったん川近くまで降って緩やかに登り返すと道は幼木の植林へと入って行きすぐにコンクリート舗装の林道に出た。林道で右折し、丁須の頭への登山口を過ぎ旧国民宿へ戻った。

ちなみに谷急山の近くには 山急山 という岩山もあります。







テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

有笠山

0有笠山_6914
     Photo0 県道55から見た有笠山
記録
日程:2017,11,05
メンバー:安田

11/05日 天候 晴れ :
コースタイム:林道分岐駐車スペース(11:30)→西登山口(11:45)→西石門(11:56)→分岐(12:13)→有笠山頂(12:32)→展望露岩(12:33~12:45)→分岐(12:56)→東登山口(13:12)→林道分岐駐車スペース(13:27)
行程4.2km 累積標高400m     ルートマップは ここ です。

古界名山から下山したらまだ正午前。連休最後の日の夕方の道路混雑を考えてもまだ帰路に就くのは早いと思いすぐ近くのクライミングで有名な有笠山に登った。
古界名山から県道55に戻り沢渡温泉方面に進んで上沢渡川の橋を渡ってすぐ右折、有笠山登山口を目指すとすぐに林道分岐となった。分岐の間の三角スペースに車を停め有笠山ハイキングを開始。
1林道分岐_6898
     Photo1 林道分岐点の駐車スペース

西登山口へ向かい林道をしばらく歩くとクライマーたちの駐車している車が見え出した。駐車場まで来るとすぐ左に西登山口。
2西登山口_6899
     Photo2 西登山口

ここから入山し山道を登って行くとすぐに東屋が現れ、さらに先へ進み分岐右折すると西の石門に到着。
3西石門_6901
     Photo3 西石門

石門を潜っては見たもののその先の岩が落ち葉で覆われているので分岐に引き返し先へ進んだ。やがて岩場が見え始め岩に取り付いているクライマーの姿もチラホラ見え出したがこの辺りまで来ると、乾燥した落ち葉が敷き詰められていて岩場への道か登山道か解らなくなった。
笹斜面の古界名山に比べればなんと言うことも無い斜面なので直登して尾根上に出ると道標があり登山道に復帰、尾根上を進み右にトラバースしてゆくと山頂と東登山口への分岐に出た。
分岐からは山頂目指して進みやがてクサリ場下のテラスに出た。
4クサリ場_6904
P     hoto4 クサリ場 一部アルミ梯子

ここで漸く南方面の展望が開けたが先ほど登った古界名山見は北西方向に位置するので見えなかった。クサリと梯子の組み合わさった岩場を通過し山腹をトラバースしてゆくと再び梯子登場。これを登ってUターンするように登って行くと有笠山山頂に出た。
5有笠山山頂_6907
     Photo5 有笠山山頂

山頂は樹林で取り囲まれ展望なし。山名標には"八八八m"とあったが地形図の三角点は873m。地形からみて標高差が15mはちょっと大きいように感じるが・・・・・? どちらにしての展望が無いのですぐに引き返し、頂稜末端の展望が得られる露岩上で休憩をとった。
6山頂展望岩_6908
     Photo6 頂稜末端の展望露岩

この展望露岩からも南の方向しか見えない。下山してみれば有笠山で展望が得られる場所はこの展望露岩とクサリ場のテラスだけであった。
休憩後は分岐まで戻り東登山口目指して降った。途中”南国エリア”の下に差し掛かると数パーティがクライミング中、
7南国エリア_6911
     Photo7 “南国エリア”

帰り支度中のパーティもいた。
このあたりには岩場が幾つかあるのでゲレンデ巡りをしてみようかとも思ったが・・・帰路での道路状況を考え寄り道せずに東登山口へ降った。
東登山口の駐車場もクライマー車で満車状態。しばらく林道を歩いて車を停めた分岐に戻った。





テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

古界名山(こげえなやま)

0古界名山_6913
     Photo0 県道55から見た古界名山
記録
日程:2017,11,05
メンバー:安田

11/05日 天候 晴れ :
コースタイム:仙人窟遊歩道入口(7:07)→分岐(7:37)→岩壁(7:48)→H1070(8:16~8:27)→古界名山山頂(8:53~9:12)→分岐(10:08)→仙人窟(10:16~10:23)→分岐(10:30)→仙人の滝(10:34~10:38)→分岐(10:44)→仙人窟遊歩道入口(11:04)
行程7.3km 累積標高802m     ルートマップは ここ です。

先日 雨坊主山 に登って山名にも色々な面白い名前があるものだと思いネット検索してみたらまだまだ珍名がありました。
群馬にある古界名山、地元では”こげえなやま”と呼ぶそうなので興味深々出かけた。といっても地形図には山名が記されていないし、登山道の記載も無い。

中之条から県道55を草津、六合方面に向かい沢渡温泉、クライミングゲレンデで有名な有笠山への入口を過ぎて橋を渡った右側にある”美ら寿”の看板で右折、舗装された坂道を登って行くと行き止まりの”美ら寿”の鉄製の門の直前に”仙人くつ”遊歩道の看板が出てくる。ここの路肩に車を停めた。

遊歩道入口から歩き出すとすぐに"美ら寿"からのコンクリート舗装路に出た。
1遊歩道入口_6861
     Photo1 "仙人くつ“への遊歩道入口

コンクリート舗装路はすぐに終わるが、 
2遊歩道_6894
     Photo2 気持ちよい遊歩道を進む

その先も気持ちよい遊歩道が延びているので登って行くと東屋があった。
3東屋_6863
     Photo3 東屋

東屋を過ぎるとすぐに仙人窟、仙人の滝分岐。
4分岐_6864
     Photo4 “仙人窟”と“仙人の滝”分岐 ここからバリエーションルート突入

”仙人窟”、”仙人の滝”ともに右折するが目印テープに従って歩いてきた道を直進するように膝丈ほどの笹薮に突入。
上空は半分落葉した雑木林、足下は笹薮の尾根を登って行くとやがて正面に岩壁が現れた。
5尾根の岩壁_6870
     Photo5 正面に岩壁が現われた

草と苔に覆われた岩壁は登れそうであったが無理せずに巻こうと考え、右側に回りこんで岩壁基部をトラバースしたが徐々にバンドも消え失せてしまった。
一段降りて枯葉と笹で滑りやすい斜面をトラバースしつつ急斜面を登り詰めると岩壁の裏側の尾根に出た。岩壁は尾根のコブだったようである。
さらに尾根を登りつめて行くと木々の枝の間から展望が開けてきたので休憩。

休憩後登って行くとすぐに正面に再び岩が現われた。地形図で確認するとこの辺りからトラバースすれば古界名山への稜線に乗り換えることが出来そうなので左折してトラバースを開始。
落ち葉の積もったガレ場を横切り稜線目指して登った。隣の稜線に乗ったところで再び左折して進むと一箇所だけ笹の無いコブがあったが殆どが笹薮。稜線上は歩く人も殆ど居ないようで踏跡が有るような無いよな。小枝も蔓延っているが今は殆ど落葉し周囲もみわすことができる。青葉の季節には歩きたく無いような場所だった。

登りに差し掛かり大きな倒木を潜り抜けると頂稜に出た。山名標でもあるかと先に進んでみたが見当たらず。引き返してみれば雑木林が途切れた展望箇所に風化して文字が消えてしまった金属製の山名板らしきものが落ちていた。
6古界名山山頂_6871
     Photo6 古界名山山頂

改めて周囲を見回すと木肌にマジックで”古界名山”の文字。山頂であることを確認し休憩を取った。
7大岩山_6876
     Photo7 山頂から唯一展望できる隣の大岩山

多少地形がわかったので帰路の稜線から尾根への乗り換えでは往路より標高が低い腰丈の笹斜面をトラバースした。往路に復帰してからは分岐まで戻り今度は"仙人窟”へ向かった。
幾つか小沢を渡り暗い植林帯から抜け出すと道は陽射しを受けた南面に出た。梯子を降った先に"仙人窟”が口を開けておりその前に崩れかかったベンチがあったので休憩。
8仙人窟_6888
     Photo8 仙人窟

岩屋の中には滲み出しがあり、冬季には氷筍が出来るらしい。”仙人窟"から分岐まで引き返し次は”仙人の滝"へ向かった。
”仙人の滝”は落差20mほどであるが水量は少なく釜も無し。
9仙人の滝_6892
     Photo9 仙人の滝

落ち口を見上げると先ほど”仙人窟"へ向かったときに渡った小沢の下流になるようだ。
"仙人の滝"見学後分岐まで引き返し、往路を”仙人くつ"遊歩道入口まで戻って珍名山登山を終えた。
10駐車スペースの紅葉_6897
     Photo10 太陽が射してきた駐車スペース頭上の紅葉

古界名山は麓から見ると険悪そうな山容でしかも登山道も無く訪れる人も少ないが、木の葉が落ちて周囲の地形が良くわかるこの季節は背丈の低い笹薮なので手軽の登れるバリルートとして良いかも。





テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

安田 和弘

Author:安田 和弘
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

お名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

リンク
訪問者数(from20141110)
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる