鹿俣山 獅子ヶ鼻山

0獅子ヶ鼻山への尾根_7954
     Photo0 鹿俣山から獅子ヶ鼻山への稜線 武尊山(左奥)剣ヶ峰山(右奥) 
記録
日程:2018,02,14

メンバー:安田
02/14 天候 快晴 :
コースタイム:第1駐車場(7:48)→キャンプ場分岐(7:56~8:00)→第3リフト終点付近(8:43)→鹿俣山(9:55~10:04)→P1710(10:38)→獅子ヶ鼻山(11:45~12:09)→P1710(12:56)→鹿俣山(13:23~13:32)→H1410(14:16~14:21)→レストハウス付近(14:46)→第1駐車場(15:07)
行程11.3km 累積標高10172m     ルートマップは ここ です。

我が家の福寿草も黄色い花びらが見え出し、日本海側大雪のニュースも一段落したところで天気図を見ながら高気圧がやってくるのを狙って鹿俣山と獅子ヶ鼻山に出掛けた。
トレースがあるであろう第2駐車場近くの夏道ハイキングコースから登り始める予定であったが、第1駐車場から登山口まで戻ると遠回りになるので森林キャンプ場を通り抜けて夏道に合流するルートを進んだ。ペンションビレッジまでは除雪去れていたがキャンプ場への分岐から先は雪原が広がっていたのでスノーシューを着けてブナ林に突入。
1ブナ林_7945
     Photo1 トレースが全く無いブナ林に突入

全くトレースが無く、20cm程度沈みながらやがてトレースがあるであろう夏道に合流することを期待して進むが第3リフトの終点が見える地点まで登っても全くトレース無し。しゃくなげの標識が立つ小ピークから急斜面を降ると次第に斜度が増し、新雪と相まってスノーシューでも滑り3歩進んで2歩後退。
第2リフト終点から鹿俣山への尾根稜線に出るところに雪庇があり、弱点を崩して突破しトレースに合流した。トレースを辿るとすぐに鹿俣山山頂に到着。
2鹿俣山山頂_7952
     Photo2 鹿俣山山頂

南に広がる赤城山とそのなだらかな山麓を展望しながら休憩。
スキー場のリフト稼動が8時30分なので先行者はそれで登ってきたとしたらおよそ1時間弱前に通過か?と思いつつ歩き出すと獅子ヶ岳山への稜線の南側に発達した雪庇の付け根に延々とトレースが続いていたが姿は見えなかった。
3 P1710の雪庇_7955
     Photo3 P1710の雪庇

時折雪庇を避けてブッシュの中に入り込むトレースを追い、P1710を超えると先行者2名の姿を発見。
4獅子ヶ鼻山_7957
     Photo4 獅子ヶ鼻山 良く見ると2名の先行者が

あとは降って登り返せば獅子ヶ鼻山山頂と思い雪庇付け根を進むと1760m付近で雪庇の落ちた岩峰が現われた。
5ブッシュと雪庇_7959
     Photo5 岩峰を北から巻く すごい藪で踏み抜き多発、七転八倒

上部には針葉樹があり突破可能かと思われたがトレースに従って北側を巻くとヤブに突入。踏み抜きが酷く枝の間にスノーシューごとズッポリ嵌り抜け出すのに七転八倒。
どうにか稜線に復帰してみるとすぐ前方に先行者3名発見。どうやら1名は下山者らしく途中ですれ違った。獅子ヶ鼻山山頂直前の急斜面で2名の先行者に道を譲られ山頂に到着。
6獅子ヶ鼻山山頂_7960
     Photo6 獅子ヶ鼻山山頂 南側に雪庇が発達

稜線の左右それに先端も50m以上切れ落ち、剣ヶ峰山とは指呼の間なのに冬山完全装備でないと通過できそうに無い。知り合いで玉原スキー場から獅子ヶ鼻山、剣ヶ峰山経由で川場スキー場まで縦走した者がいるが・・・・

獅子ヶ鼻山山頂からは谷川岳を始めとする上越国境の山々、
7獅子ヶ鼻から武尊山_7962
     Photo7 鹿俣山の先には武尊山が

尾瀬の笠ヶ岳、武尊山と剣ヶ峰山、
8上越国境の山_7965
     Photo8 上越国境の山 谷川岳(左)から白毛門(右隅)方面


西峰と高テ山の鞍部には赤城山の展望が素晴らしい。上空には雲一つ無く快晴の青空が広がる好展望を堪能しながら山頂で休憩後、今度は安全そうな雪庇をショートカットして鹿俣山まで戻った。
9鹿俣山への稜線_7967
     Photo9 獅子ヶ岳山から鹿俣山への稜線 その先には玉原湖遠く浅間山も

鹿俣山からはトレースを追って第2リフト終点付近まで降ったがここからトレースは1名分のもののみとなった。おそらく獅子ヶ鼻山ですれ違った先行者のものであろうがやがてトレースは1410辺りで夏道を辿っていると思われたのでスキー場沿いに降ることにしてノントレースのブナ林を降った。
ところどころ地図上に現われない急斜面ではスノーシューの先端を上げて座り込みシリセードもどきに滑り降りてホカホカ雪を堪能。
漸くスキー場の中間部にあるレストハウス付近まで来るとスキー跡やスノーシュー跡が現われだしたが縦横無尽につい付いているのでそれを無視して雪原を降り駐車場へと戻った。
10リゾートセンター_7977
     Photo10 漸く駐車場があるリゾートセンターに戻ってきました

新しいトレースは第2リフト終点から獅子ヶ鼻山間のみでホカは殆どノートレース、時々古いトレースらしきものがあったが新雪で隠されていた。
目印テープも古いものが数箇所だったのでスノーシューツアーが歩き回るまでは降りで多少右往左往するかも知れない。今日登った登山者は私を除いてリフト利用で下から歩いたのは私だけだった。





テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

日光 外山沢の氷瀑と庵滝

0庵滝_7936
Photo0 庵滝全景 
記録
日程:2018,02,09

メンバー:安田
02/09 天候 晴れ :
コースタイム:赤沼茶屋(8:02)→戦場ヶ原展望台(8:29)→小田代原展望台への分岐(9:18~9:30)→小田代原展望台(9:44)→庵滝入口(9:57)→外山沢ノ滝分岐(10:38)→外山沢ノ滝(11:02~11:20)→庵滝(11:36~11:54)→小田代原展望台(12:42)→赤沼茶屋(13:26)
行程15.3km 累積標高722m     ルートマップは ここ です。

日光は雲竜渓谷を初めとして氷瀑の宝庫らしいが、遠い記憶を辿ってみても氷瀑はおろか国道沿いに湯滝・龍頭の滝・華厳の滝と有名どころがあるにもかかわらず夏の滝さえ見たことが無い。いつかは見たいと思っていた小田代原の奥にある庵滝の氷瀑が例年ならバレンタインデーの頃までが見ごろという情報を得たので出かけてきた。

中禅寺湖を通過し龍頭の滝上を過ぎて赤沼茶屋に着いてみると、冬期で赤沼茶屋は閉まっているが国道沿いのスペースは除雪されていて到着したときには既に数台が停まっていた。

アイゼンそれともスノーシューにするか駐車場向かいの遊歩道入口まで行ってトレースを避けて踏み入ってみたが新雪は無く雪が締まっていてせいぜい脛丈までしか潜らない。しかも良く踏まれたトレースは夏道より遥かに歩きやすい。
高低差も無いのでツボ足でダメなら引き返すのみと軽量化を優先し両方とも持たずに歩き出した。

赤沼茶屋から良く踏まれたトレースを進み、しゃくなげ橋への分岐を過ぎて戦場ヶ原展望台に立ち寄り
1戦場ヶ原からの三岳_7909
     Photo1 戦場ヶ原から見た三岳

鹿柵のゲートを通過してすぐに湯滝方面に右折した。
右手は唐松の樹林、左は小田代原らしいが潅木や木立で見晴らしは良くない。
遊歩道からの立入りを規制するロープ沿いに進み漸く左側の視界が開けてくると分岐に到着。
2湖上山外山_7913
     Photo2 視界が開けると正面に湖上山奥に外山が見えてきた

ここで左折して西ノ湖方面に向かうと雪原の向こうに高山が姿を現した。
3高薙山三岳山王烏帽子太郎山_7920
     Photo3 後ろには高薙山三岳産能烏帽子太郎山が雪原の彼方に

唐松の樹林と雪原の境にある遊歩道の柵に沿って進むと小田代原展望台への分岐に出た所で休憩を取った。雪原の見晴らしが良く、遊歩道の柵柱の上に乗った雪は簡単に払うことが出来たので尻に冷たさを感じることなく腰掛けることが出来た。
更に小田代原展望台目指して進むと途中で雪原の彼方に漸く白樺の"貴婦人”を発見。
4貴婦人_7923
     Photo4 雪原の向こうには"貴婦人“白樺の木が

名前を聞き写真も見たことがあったが小田代原の何処にあるのか解らなかった今までキョロキョロしながら歩いてきたが漸く見つけた”貴婦人”は夏になると低公害バスで楽に来ることが出来る小田代原展望台から容易に見ることが出来る位置にあった。
さすがに有名人とあってこの日も数人のカメラマンが望遠レンズを向けていたが、霧がかかったり降雪や地吹雪に妨げられて今日ほど良く見えるのはなかなか無いとのことであった。

小田代原展望台から一般車は通行禁止となっている除雪された舗装道路歩き弓張峠を越えたアピンカーブのところでトレースを見つけ右折。夏は林道が途中まであるらしいが今は雪が積もったそれらしき道形へ除雪された道路から雪の土手を越えて進入し、外山沢川沿いに伸びるトレースを進んだが傾斜は緩くなかなか滝がありそうな地形にならない。
漸く山襞の中に入り込んできたかと思うとトレースがT字になって分かれた。地形図を確認すると庵滝は直進のはず。右折すると緑沢方面だが緑滝周辺は冬期は雪崩の巣になるということだったので近寄らないのが賢明と思い計画していなかったが新しいトレースがあったのでそちらに向かった。
途中まで進むと次第に急斜面になり、ピッケルアイゼンの若者2人が降ってきたので様子を聞いてみると上部に氷瀑があるとのこと。かなり登りが厳しいと言っていたが、私はツボ足ピッケル無しなので行けるところまでと先へ進んだ。トレースは谷間を直進し、どうやら緑沢ではないが氷瀑があるというので登り詰めると見事な氷瀑が現われた。
5外山沢の滝_7935
     Photo5 外山沢の氷瀑 全景 手前の白樺が素晴らしい

帰宅して調べてみると緑滝ではなく外山沢の大滝下部だったようである。沢登の対象にもなっていないようで滝の名前の付いていない。(仮称外山大滝と命名している記事もあったが・・・・・)

上空が開け陽射しもあるので滝を見ながら休憩し、
6外山沢の滝_7932
     Photo6 外山沢の滝

再び分岐まで戻って右折するとすぐに庵滝が現れた。地図では更に上流に記されているがレースがあったのはここまで。地図に記されているところにある滝は外山滝と呼ぶようだ。
近づいてみると氷柱下部に亀裂が入ったものや既に上下に分かれたものもあり、いつ上から氷柱が落ちてこないとも限らない。
7庵滝_7937
     Photo7 庵滝

2列の氷瀑の間から裏側に回ってみようと試みたがここには溜まった水が凍りついてりツルツルなのでアイゼン無しでは危険。滝の直下から戻り、眼前に滝を見ながら休憩したがここは陽射しが無いので寒い。体が冷えてきたところで庵滝から撤退し小田代原展望台まで戻って
8小田代原トイレと休憩所_7942
     Photo8 小田代原のトイレ(左)と休憩所(右)

更に車道を少し歩いて左折し
9男体山とバス道路_7943
     Photo9 除雪された道路 奥には男体山が見える

小田代原周回路を反時計回りに進んで赤沼茶屋へと戻った。

全行程雪は締まっており何も持ってこなくて正解。気温が低く雪が解けて再結氷した形跡も無く滑ることは無かった。行程に対し正味歩行時間は4時間半強。累積標高を考えると街歩きと変わらない。

小田代原、小田代ヶ原と案内板や地図。パンフレットによってもまちまち。いったいどちらが正しいやら?使い分けがあるのかしら?表記だけでなく読み方は?オダシロハラ?オダシロガハラ?





テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

赤城山 鍬柄山鈴ヶ岳周回

0ウバコ山鋤柄山_7873
     Photo0 駐車場から見たウバコ山・鋤柄山 鈴ヶ岳はさらに奥 
記録
日程:2018,02,05

メンバー:安田
02/05 天候 晴れ :
コースタイム:新坂平駐車場(7:52)→鈴ヶ岳登山口(7:56)→鋤柄山(8:45)→大ダワ(9:14)→鈴ヶ岳(9:48~10:22)→大ダワ(10:39)→ふれあいの道分岐(11:21)→沼尾川の橋(11:34~11:43)→出張峠(13:01~13:11)→青木旅館横(13:41)→見晴山(14:48~14:57)→見晴山登山口(15:08)→新坂平駐車場(15:20)
行程9.7km 累積標高908m     ルートマップは ここ です。

毎日テレビでは日本海側の大雪ニュースを流しているので雪山に出掛けるのを躊躇っていたがアメダスで調べてみると新潟方面の雪は平年並み。
以前越後湯沢に出かけたときに積雪が多く除雪した雪が堆くてコンビニの入口も解らず。登ろうとした山の取り付きは雪壁で取り付けず夜発、翌朝帰りの山行をしたことがあった。これがトラウマになっていてなかなか国境のトンネルの向こうまでは行く気になれない。
テレビからの情報の先入観とトラウマから開放されようと思いこのところの積雪量がどうなっているか小手調べに赤城山に出掛けた。

高速を走っていると何時もならこの季節土樽から先がチェーン規制、雪雲が頑張って上越国境を越えてもせいぜい下牧Pから先なのにどうしたわけかずっと手前の赤城山麓の赤城高原SAから規制になっていた。ということは赤城山も大雪?久々山行モードで早起きして出掛け、乗ってしまった高速なのでとりあえず行けるところまでと思い赤城山を目指した。
前橋から上毛パノラマ街道を登って行くと路面に雪が現われたのが荒山高原登山口のある姫百合駐車場の少し手前。ここから圧雪された道を登って行くが周囲の景色、積雪量ともに平年並みで鈴ヶ岳登山口に近い新坂平駐車場にあっさり着いてしまった。
駐車場奥には地蔵岳への登山口もあるが月曜日とあって車の轍は無かった。(帰りには私を含めて2台分の轍だけだった)

雪山装備で鈴ヶ岳登山口に向かうとガードレールに積まれた雪を乗り越えた足跡はかなり古く、ここ2、3日は登山者がいないようだった。
白樺牧場の有刺鉄線の柵に沿って登り尾根に出ると何人かのスノーシューと足跡があったのでトレースを追い、樹林が途切れた展望箇所に寄り道して更に尾根上を進みウバコ山を目指した。
標識が雪に埋もれているのかそれとも無いのかウバコ山が確認できないまま通過し鍬柄峠に降ってしまった。鍬柄峠から登って降り更に登り返すと鍬柄山山頂に出たが
1鍬柄山山頂_7878
     Photo1 鋤柄山山頂

周囲を展望しただけで通過。
2黒檜山駒ケ岳大沼_7879
     Photo2 黒檜山(左)駒ケ岳(右)と大沼

3荒山鍋割山_7880
     Photo3 荒山(左)と鍋割山(右)

次第にトレースも無くなり、膝丈の雪を踏みながら下降し大ダワに到着。キャンプ場への指導標が立っているが鈴ヶ岳方面以外には分岐している踏跡は無かった。
4大ダオ_7882
     Photo4 大ダワ 分岐するトレースは無かった

大ダワから鈴ヶ岳を目指して進むと
5鈴ヶ岳への尾根_7884
     Photo5 緩勾配の尾根を登って

やがて勾配が増しロープの架かった岩場が出てきた。
かろうじて出ているロープを横目に岩を登りきると岩陰に足跡が残っていたがこのあたりになると雪でトレース消されルートが分からなくなったので登りやすそうなところを適当に登った。
やがて勾配が緩むと潅木に囲まれた山頂に出たが潅木の更に外周には木立が立ち塞がって殆ど展望は無い。上空には青空が広がり陽光が降り注いで気持ち良い。おそらく気温は-10度以下が寒さも感じない。
6鈴ヶ岳山頂_7886
     Photo6 鈴ヶ岳山頂 真っ青な空が広がっていた 踏跡は私のものだけ

踏跡の無い山頂で休憩を取りアイゼンを着けて大ダオまで降って今度は目印のピンクテープを頼りにふれあいの道分岐までラッセル下降。
時たま雪で隠された足跡と思われる窪みが現われるが・・・・人間のものか獣のものか?北斜面とあって積雪が膝丈から股下程度あったがふれあいの道に出れば良く踏まれたトレースで楽チンできると思いラッセルしたが分岐の指導標に出てもトレースは無かった。
7ふれあいの道分岐_7888
     Photo7 ふれあいの道分岐 ここもトレース無し

気を取り直してふれあいの道を大沼目指して登り返したが脛丈ところによっては膝上の一人ラッセルは厳しかった。
途中出てくるのは獣の足跡のみ、新しいものは爪跡が残っているので解りやすいが古いものは上に雪が乗って人の踏跡と区別がつかない。ましてや集団で移動した跡はあたかも人が歩いたように溝状になる。そのうえに雪が積もっているので人のトレースと間違いやすい。
8古い獣道_7890
     Photo8 登山道には動物の足跡だけ

足跡の伸びている方向で人間のものか動物のものか判断しながら、その上雪で隠された木段にてこずりつつの一人ラッセルで漸く出張峠に到着。
9出張峠_7891
     Photo9 出張峠 漸く長い登りのラッセルから開放された

出張峠から結氷した白い大沼が見えるかと思っていたが間の尾根と樹林に遮られて全く見えなかった。出張峠から出張山へは古いトレースがあったが大沼方面からのトレースは雪に消されていた。出張峠からはほぼ水平の道になりラッセルがだいぶ楽になった。とはいってもまだ膝丈ではあったが。
やがて建物が見えてくると遊歩道の終わりを告げるふれあいの道地図が出てきた。雪に隠されたガードレール越えて除雪された道に出るとやがて大沼の湖岸に出た。

赤城最高峰の黒檜山と駒ケ岳を左に見て湖岸道路を反時計回りに進み青木旅館のところで右折。見晴山を目指して小さなスキー場跡らしき雪原を登って行くと上からスノボの軌跡が数本出てきた途端に踏抜いて腰まで雪に潜ってしまい、ここから足元を固めながらの本格的ラッセルの重労働が始まった。
前に倒れるように膝で雪を固め更に足で雪を集めて固めて漸く一歩前進を繰り返してどうにか尾根に乗るとクマザサの葉も現われはじめ雪は次第に浅くなり膝丈になってきた。
10見晴山への尾根_7895
     Photo10 ラッセル地獄から漸く抜け出せた尾根 トレース無し 膝丈ラッセル

やがて白樺牧場の木の柵が現われると見晴山山頂に出た。潅木に囲まれてはいるが黒檜山・地蔵岳や大沼北西の山々も見えて見晴山の名前に偽り無し。
11見晴山からの地蔵岳_7896
     Photo11 正面はアンテナ群のある地蔵岳 ここから新しいトレースがついていた

山頂から木柵沿いに降るとすぐに東屋?展望台?が現われ白樺牧場や車を停めた新坂平方面の景色が広がった。東屋横の”上毛カルタ”説明板によると荒山と今朝登った鈴ヶ岳への尾根の間に富士山が見えるようだ。東屋から降るとすぐに上毛パノラマ街道に飛び出した。
道路反対側には地蔵岳への登山口があるが思わぬラッセル三昧で疲労感大。素直に道路を歩いて駐車場へと戻った。




 

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
プロフィール

安田 和弘

Author:安田 和弘
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

お名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

リンク
訪問者数(from20141110)
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる