日光 社山 大平山 黒檜岳とクリンソウ

0クリンソウ_8819
     Photo0 千手ヶ浜のクリンソウ
記録
日程:2018,06,08
メンバー:Sさん、安田
06/08天候 晴れ :
コースタイム:歌ヶ浜駐車場(5:05)→阿世潟(6:00~6:09)→阿世潟峠(6:26)→アンテナ(6:44~6:54)→社山(7:36~7:58)→屈曲点指導標(8:22)→P1816(9:08~9:26)→H1936(10:00)→大平山分岐(10:07)→大平山(10:28~10:50)→大平山分岐(11:15)→黒檜岳分岐(11:30)→黒檜岳(11:34~12:00)→H1550(12:53~13:04)→黒檜岳登山口(13:39)→千手ヶ浜(14:31~15:26)→菖蒲ヶ浜(15:39~15:51)→歌ヶ浜(16:18)
行程17.6km 累積標高1321m(歌ヶ浜から千手ヶ浜まで)    ルートマップは ここ です。

車移動での山行だとどうしても周回ばかりになってしまうので縦走を試みようとすると登山口と下山口の間は公共交通機関を使うことになる。
この前 茶ノ木平から清滝 まで縦走したときは”いろは坂”でバスを利用したが、今の季節だけ運行する中禅寺湖遊覧船利用を利用する縦走を思いたち日光に出かけた。
今回歩いたのは中禅寺湖畔の歌ヶ浜駐車場に車を停め、南岸遊歩道の阿世潟から取り付き社山を経由し途中大平山に寄り道、黒檜岳山頂から湖畔の登山口に降り、千手ヶ浜までの間にあるクリンソウを観賞後、遊覧船で歌ヶ浜に戻る”山歩き+花観賞+遊覧船”というめったに体験できないコース。

早朝の歌ヶ浜駐車場は車中泊と思しき数台の車が停まっていたが準備をしている人の姿を見ると皆さん釣りが目的のようだ。時々見かける釣り人を横目に湖畔の遊歩道を歩いて阿世潟で早くも休憩。今日は千手ヶ浜から歌ヶ浜に戻る午後の遊覧船の時間に合わせたのんびり歩きとたっぷり休憩。阿世潟から阿世潟峠への登りで汗ばんだがそのまま進んでアンテナのある小ピークで休憩。
左に足尾の銅親水公園右に中禅寺湖を眺めながら休憩するうちに心地良い涼風で汗はいつの間にかに消え去った。
この辺りから尾根の立ち木は疎になり、尾根を越える涼風を受けながら昇り始めの太陽を背に標高を稼いで勾配が緩むと社山山頂に到着。
1社山山頂_8798
     Photo1 社山山頂

山頂は中禅寺湖側が黒檜(ネズコ、クロベ)の樹林で展望が無く足尾方面しか展望が得られない。
休憩後山頂から少し進んだ広場の右から黒檜の密林に突入。良く見れば踏跡があるような無いような急斜面を歩きやすそうなところ選びながら降ると、古い目印テープが現われるがすぐに密林は終わりガレた尾根に出た。尾根上を直進し笹の急斜面の中に伸びる明瞭な踏跡を辿ると笹原の中に指導標が現われた。
積雪期に歩いたとき はここで右折し中禅寺湖の大日崎へと続く尾根を降ったが今日はここで左折し黒檜岳方面日進んだ。
やがて踏跡は笹に覆われ解りにくくなるが足で笹を掻き分けるとしっかりした踏跡が現われる。同時に縦横無尽に獣道が現われ所によっては人間の踏跡よりも濃い。
2 P1792から先の尾根を望む_8802
     Photo2 三角点P1796から黒檜岳方面の笹尾根を望む

ついつい獣道に入り込んでしまうが・・・・獣道はピークを巻くように進むが人の踏跡はピークを踏むようについている。
時々惑わされるがそのたびに膝丈の笹原の中を"ヤブ漕ぎ”。
北アルプスかと勘違いするような視界の開けた尾根を進むとコルではところどころに笹が剥げた小さな土面が現われた。中は動物の足跡だらけなので降雨後はどうやらヌタ場になっているようだ。
ヌタ場にはあちこちから獣道が来ているので人間の踏跡と判別するのが大変。とにかく一番近いピークを目指すとやがて消えていた踏跡が現われる。
笹尾根の途中からはガレて茶色に見える足尾の 中倉山から沢入山 へ続く尾根が良く見え、コルには"孤高のブナ"孤高のブナ" も見えた。
3中倉山_8808
     Photo3 足尾の中倉山から沢入山へと続く尾根

笹原の尾根を進むとやがて左前方に大平山が見え出し、
4大平山が見えてきた_8809
    Photo4 左前方に見えるのが大平山

もう少しで樹林帯へ入るという地点で久々に指導標が現われたが大平山方面を指示す標記はない。
5太平山分岐_8810
     Photo5 大平山分岐 大平山への指導標は無い

しかし分岐する踏跡があったので辿るとすぐに薄くなりやがて消えてしまった。
地形図上は大平山へと続く広い尾根なので帰路の目印代わりに左側の笹原と樹林の境界に沿って進むと古い目印テープが時折現われるものの倒木と腐りかけた落ち葉で道が良く解らない。
適当に前進するとやがて足尾方面の展望が開けた太平山山頂に到着。
6太平山山頂_8811
     Photo6 樹林の中の大平山山頂 足尾方面展望あり

さらに薄い踏跡が伸びているがおそらく足尾へ尾根を降る道であろう。

大平山から分岐まで引き返し黒檜岳へ方面に進むとすぐに踏跡は樹林の中を進むようになった。今までと違い目印が豊富で次々にそれを追うように進むと黒檜岳分岐に到着しここを左折するとすぐに樹林に囲まれ全く展望が得られない黒檜岳山頂に着いた。
7黒檜山山頂_8813
     Photo7 樹林で展望が全く無い黒檜岳山頂

黒檜山から栃木群馬県境の尾根へと続くのであろう登山道を遮るように横たわる倒木に腰掛けて、遊覧船の時間を見計りながらたっぷり休憩を取るが樹林に遮られて日差しが届かないのでチョット肌寒い。黒檜岳から分岐まで戻り指導標に従って直進、千手ヶ浜目指して降った。

始めは比較的樹高が高い黒檜の森、次第に林層が変わって咲き終わりのシロヤシオ、やがてわずかに花が残る石楠花のヤブを抜け、降り勾配が増したH1550で休憩をとった。
左手の樹林の中に時折覗く中禅寺湖の青い水面を見ながら降るとやがて傾斜が緩みと歌ヶ浜から続く中禅寺湖畔南岸遊歩道の黒檜岳登山口に出た。

黒檜岳登山口からすぐの真新しい千手堂の前を横切って
8男体山_8821
     Photo8 千手堂付近の橋の上から見た男体山

すぐの沢の両岸に色とりどりのクリンソウを発見。しばらく花観賞であちこちうろついた後遊歩道に戻り、千手ヶ浜を目指すと徐々に人出が多くなりやがてネット情報やパンフレットで紹介されているクリンソウ自生地が現われた。
9クリンソウ_8823
     Photo9 沢の水辺に咲くクリンソウ

周囲は鹿防御ネットで囲まれ中一面クリンソウが咲き誇っていたが先ほど沢の水際に咲く色とりどりのクリンソウを堪能したばかりなのでここは素通り。

千手ヶ浜に着いて水辺で遊覧船乗船まで間、湖面を渡る風にあたって過ごすうちの船が到着。
10千手ヶ浜_8827
     Photo10 千手ヶ浜に近づく遊覧船 これに乗って歌ヶ浜に戻ります

乗船した船は菖蒲ヶ浜から船の液に向かうため、菖蒲ヶ浜で一旦下船し次の船に乗り換えて歌ヶ浜に戻った。

歌ヶ浜から阿世潟・社山までは一般ルート。社山から黒檜岳までは破線ルートだが笹原の尾根歩きで日光とは思えない好展望の尾根歩き。
黒檜岳からの降りは一般ルートだが樹林の中で展望全くなく、我慢して降り千手ヶ浜が近づくと様々な色のクリンソウが咲き乱れ中には斑入りの花も見られた。
距離も長く時間も掛かったが素晴らしい山行であった。





関連記事

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

                

トラックバック

     


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Secret

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

初めまして。スコとの好日のmiyaです。
このところお出かけされていないようですが、体調でも崩されましたか?お元気ならいいのですが・・・

Re: No title

コメントありがとうございます。
山野草のちょうどよい時期を狙うのは大変ですね。毎年時期がずれるので開花時期の確認、天候等をじっくり狙ってお出かけくださいな。安田

No title

おはようございます。
いつも見に来てくれてありがとうございます。
景色もいいですし、お花も綺麗ですね♪
行ってみたくなります!

No title

おはようございます。
立派な景色、癒されますね。
これからの時期天候も怪しくなってきますが
このようにいい天気の中歩くのは満足できるものでしょうね(^_^)
出かけたくなってきますよ。
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

安田 和弘

Author:安田 和弘
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

お名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

リンク
訪問者数(from20141110)
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる