赤城 黒檜山

0大沼_4020
     Photo0 結氷した大沼と赤城神社の橋 後ろに黒檜山 

記録
日程:2017,02,05
メンバー:Sさん、安田

2/05日 天候 曇り 正午ごろ小雪  
コースタイム:おのこ駐車場(8:32)→赤木神社(8:45)→黒檜山登山口(8:56~9:03)→猫岩(9:24)→稜線分岐(10:27)→黒檜山登山口(10:30)→尾根北端絶景ポイント(10:34~10:50)→黒檜大神(110:57)→駒ケ岳(11:38~11:42)→下降点分岐(11:52)→駒ケ岳登山口(12:17)→おのこ駐車場(2:22)
行程5.9km 累積標高6504m     ルートマップは ここ です。

このところ雨不足で空気はカラカラ。南岸を低気圧が通過し待望の雨が降りそうなので出かけるのを控えていたがどうやらたいした降雨にもならないようなのでもし降られたとしても然程影響を受けないであろう赤城山へ出かけた。

赤城山へ登る途中の大鳥居、さらに上がっても雪が無く漸く道がくねくね曲がる山襞の中に入ったあたりから道路脇に除雪して積みあがった雪が現れだした。

赤城神社手前の”おのこ駐車場”へ車を停め登山準備をして直ぐ前の湖畔に降り、この季節しか出来ない氷上を歩きで赤城神社目指し、赤城神社に上陸して神社横手から黒檜山登山口目指して除雪された道路を進んだ。
黒檜山登山口の先で除雪区間は終わり、直ぐ手前には車が数台停まり登山準備している人も見受けられた。
1黒檜山登山口_4021
     Photo1 黒檜山登山口

登山口から直ぐに雪斜面の登りとなるがかなり多くの登山者に歩かれているようで踏跡はしっかり雪が締まっていて先行者は皆アイゼンを着けて登って行ったようだ。
トレースに従って登って行くと直ぐ右側が切れ落ちた尾根に出てここから先は山頂稜線の直ぐ下まで尾根に沿って登った。
途中右側の展望が開けた岩場に出てみると正面にアンテナ群のある地蔵岳、
2大沼と地蔵岳_4022
     Photo2 大沼の向こうには地蔵岳

眼下にはワカサギ釣りのテント群が出来ている大沼が見渡せた。
3大沼のわかさぎ釣り_4023
     Photo3 大沼湖面を良く見るとワカサギ釣りのテント群


猫岩を過ぎ樹林の中を登ってゆくがアイゼンをつけずに登ってきたので少し気を抜いて無造作に足を置くとたちまち滑る。
踏跡は締まっていてキックステップもほんの爪先しか入らないので踏跡からはずれてみるとたちまちひざ下までの踏抜き。
踏抜くよりは踏跡を慎重に登ったほうが楽と丁寧に足を置いて登ってゆくと山頂稜線に出た。
4尾根分岐_4025
     Photo4 黒檜山山頂稜線に出た

左折して少し進むと黒檜山山頂、
5尾根北端絶景ポイント_4026
     Photo5 黒檜山山頂

さらに進んで絶景ポイントと標識のある尾根北端の開けたところで休憩。しかし上空は一面の雲で覆われ沼田方面や麓しか見渡すことが出来なかった。
ここからはさしたるのぼりも無いのでアイゼンをつけて絶景ポイントから引き返し、尾根を直進して黒檜大神の祠と鳥居の前を通って下ってゆくと尾根の登山道左側には小雪庇が出来ていた。
6黒檜大神_4028
     Photo6 黒檜大神の祠と鳥居

さらに下ってコルから正面に見える駒ケ岳目指して登り返し山頂横で休憩。
7駒ケ岳山頂_4030
     Photo7 駒ケ岳山頂

この頃になると小雪が舞いだしてきたが山頂から降って覚満淵方面への分岐で右折、尾根の斜面を降って駒ケ岳登山口へと下山した。
8駒ケ岳登山口_4032
     Photo8 駒ケ岳登山口

途中にある鉄階段では中途半端に雪が積もっているところがありアイゼンの歯が踏み板の鉄板に達して滑りやすく、降り出した雪が水滴となって着いているので手摺を掴むのも躊躇しがち。
駒ケ岳登山口からは薄っすら白くなった舗装路を避け、雪が積まれた側道を伝わって駐車場に戻りアイゼンをはずした。

帰路では山から降るにつれ雪が雨に変わり、この分なら自宅付近にも待望の雨がと思うも直ぐにフロントガラスに水滴がつかなくなったしまった。
帰宅してみればパラパラは降ったそうだが・・・・・またしてもお湿りはお預け。




関連記事

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

                

トラックバック

     


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Secret

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: アドバイスをお願いできますか?

コメントありがとうございます。
赤城山の件ですが、昨日どのくらい降ったかわかりませんが、大沼でワカサギ釣りをやっていたり
バスも通っていますので車はスタッドレスをつけていれば大丈夫でしょう。
アイゼンは6本爪でも十分と思います。駒ヶ岳からの下りの鉄階段はアイゼンが滑りやすいのでご注意を。
     安田

アドバイスをお願いできますか?

おはようございます、いつも素敵な山行の記事と写真、大変参考になっています
さて、私も週末の天候を窺いつつ2月中に雪の赤城山に行こうと思って準備をしていました。

二つほどアドバイスをお願いできますか?
※当日のお天気の様子で変わるとは思いますが、安田さんの登られた時の状況の前提で結構です

・おのこ駐車場まで、チェーンなしスタッドレスのFR車で登れそうでしょうか?
難しいようならば、前橋に車を停めてバスで行く積りです

・赤城山登山は、6本爪の軽アイゼンで行く予定ですが、10本以上の本格アイゼンの必要はありますか?

以上宜しくアドバイスをお願い致します
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

安田 和弘

Author:安田 和弘
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

お名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

リンク
訪問者数(from20141110)
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる