三つ峠 金ヶ窪沢 2017

0金ヶ窪沢の堰堤_3903
     Photo0 漸くたどり着いた氷の着いた堰堤

記録
日程:2017,01,15
メンバー:Nさん、Sさん、Tさん、他 安田

1/15日 天候 晴れ  
コースタイム:林道終点駐車場(9:25)→大滝手前の堰堤(9:55~14:05)→林道終点駐車場(14:28)

このところの天候で各地の結氷状態が良くないということなのでこの機会を逃すと今シーズンはアイスクライミングをやらないで終わってしまうのでは・・・という思いから、花火見物の黒岳から下山後に車で三つ峠山登山口の林道終点まで移動しザックの中身を入れ替えて金ヶ窪沢での某山岳会のアイストレーニングに参加した。

先日の三方分山でも登山道沿いの沢は全く凍っていなかったし、昨日歩いた板取沢も水際に氷が少しあっただけなのでダメでもともとと思いつつ金ヶ沢大滝を目指し雪道を進み、金ヶ窪大滝への下降点に着いてみるとの藪を掻き分けしっかりしたトレースがありもしやひょっとして結氷しているかもと期待が膨らんだ。
大滝手前の堰堤下に集団を見つけたどり着いてみると某山岳会のパーティであった。
聞けばこの上流の大滝は水が流れ氷の影も無いとのことでどうにか登れそうな氷が着いているこの堰堤でアイスクライミングを始めたとか。トレースも彼らのもので今年はまだ人が入った様子は無いらしいとのことだった。
1金ヶ窪沢の堰堤_3907
     Photo1 例年に無く貧弱な堰堤の氷壁

堰堤上から垂らしたトップロープで各自氷壁に取り組んでいたがよくみればルートが3本取れそうなので氷の表面状態が異なる3ルートを設定し、
2金ヶ窪沢の堰堤_3904
     Photo2 ルートを増やして

両手にアイスパイルあるいは片手のみピッケルと氷の表面状態に合わせて交代でクライミング練習をした。
3金ヶ窪沢の堰堤_3906
     Photo3 片手にピッケルで登る

今シーズン最初で最後かもという思いから、堰堤に張った氷なので垂直に近い氷壁となっているのをこれ幸いとアイススクリューを打つ練習を試みた。
しかしコンクリート面に着いた氷は中に水流が見えるところもありいつ崩壊するかも知れず、トップロープを緩めに張ってもらいアイススクリューを打って支点を構築しながら堰堤の上を目指したがそこにはパイルを打ち込めるほどの氷が無く堰堤上に届くところまで登って終了。

ワイワイ騒ぎながら交代で登るうちに氷が大分破壊されてきたので午後2時を回ったところで練習終了。何はともあれどうにか氷に触れることが出来た。

早めに切り上げたので休日にもかかわらず、中央高速の小仏渋滞に嵌ることなく帰宅できた。








テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

シーズン最後のアイスクライミング 三ツ峠 金ヶ窪沢(160217)

0氷が少なくなった大滝_1127
     Photo0 シーズン最後の氷瀑

記録
日程:2016,02,17
メンバー: Yさん、安田

2/17日 天候 晴れ
コースタイム:林道終点(8:35)→氷瀑(9:40~12:00)→林道終点 (12:40)

今年は例年に比べ気温が高いのでアイスクライミングの機会を失わないうちにと思い三つ峠の金ヶ窪沢で出掛けた。
昨年の記録はこちらです。氷の状態を比べてみてください・・・・・150113 150202 150210
新御坂トンネル手前から”御坂みち”に入り登ってゆくが路面は乾き、山の南斜面の雪はすっかり消えていた。
三つ峠登山口の駐車場から林道に入るがここも路面凍結箇所は無い。林道終点のトイレのある広場に着いてみると車が数台駐車していて停める余地が無いので少し戻って路肩に駐車した。
林道終点からは雪が出てきたが車のチェーンの轍を伝って登り正面に堰堤が見えたところで登山道を外れ沢へ下降。
車の台数から考えて多くの人が入っていると思われたが、踏み跡を見る限り沢へ降りたのは1名だった。下の堰堤に近づくと・・・・水流の両側にわずかに氷があるのみでクライミングが出来るような状態ではなかった。

今日はクライミングを止めてハイキングにするかと思いつつも荷物を置いて大滝の偵察に向かうと結氷しているのは左半分のみで右側は水流が勢い良く落ちている。
先行者が左側にトップロープを掛けて登っているのでそのうち空いたら登れば良いと考えて偵察を終え、一旦荷物のデポ地点まで戻ってから大滝の下に移動。

大滝について準備をしていると先行者は早々に引き上げるということなので氷の下部に移動し、いつもならビレーポイントとなるところは薄氷で踏み抜けばドボン状態なので左側の狭い氷結下部にセルフビレーポイントを設け、ロープの支点は立ち木にとった。
最下段の立ち木に支点を取ったが上部は氷が薄くクライミングには不適だった。
1_1137.jpg
     Photo1クライミング練習

先行者によると先週までは氷の状態も良く、沢を登りつめアイスハイキングを楽しんだそうだがそのとき踏み跡は無く、多分今年は上まで抜けたのは先行者のみだったようである。
今回出来れば我々も上まで登り詰めてみようと思っていたが、氷の状態見て断念。
先行者が立ち去って以降、後続者も現れなかったのでクライミング途中で氷瀑と水流の写真を撮ったり
2水流際を登りながら_1135
     Photo2水流近くを登りながら

クライムダウンの練習をしたりで
3_1143.jpg
     Photo3クライムダウンも

時を過ごし、お昼でクライミングを終えて車に戻った。今後多少の気温低下があったとしても登れるまでの氷の発達は無く、今シーズンの金ヶ窪沢でのアイスクライミングは最後となると思われる。





テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

八ヶ岳 峰の松目沢

0F2_0658.jpg
     Photo0 峰の松目沢 F2

記録
日程:2016,01,04 Tさん、Sさん、安田

1/4 天候 快晴
コースタイム:美濃戸(5:53)→北沢堰堤(6:30~6:42)→峰の松目沢取り付きの橋(7:18)→荷物デポ (7:22~7:53)→F1(8:12~8:42)→F2(8:56~11:50)→F1(11:52~11:56)→デポ地点(12:08~12:27) →北沢堰堤(12:55~13:02) →美濃戸(13:40)
ルートマップは ここ です。
 
年が明けたというのにアイスクライミングの情報が殆どない。昨年末の錦滝偵察でも氷の出来ている様子は無かったし・・・。今年はやはり近場では無理かな?と思っていたところアイスクライミングのお誘いがあったので早々八ヶ岳の峰の松目沢に出掛けてみた。

今回は美濃戸口で仮眠室利用の前日移動ということで正月休み帰りの車で混雑する中央高速上り線を横目に諏訪南ICで降りて美濃戸口に到着してみれば普段ならこの季節駐車場は雪で覆われているのに今年は雪の気配すらない。
1美濃戸口_0696
     Photo1 全く雪が無い美濃戸口 

宿の人の話によると美濃戸口周辺は氷が発達せずアイスクライミングは出来ないらしい。赤岳のバリエーションも雪が少なく岩が表面に出ているので昼間の太陽で岩が温められ周囲の氷が解けてスッポ抜けるので殆ど登られていないらしい。
翌朝再び車に乗り込んで、美濃戸まで移動するが林道に雪は無く夏道状態。美濃戸口で赤岳鉱泉ちょっと手前までは雪がないと言っていたがまさしくその通りであった。
美濃戸から歩き出すが時折路面が凍っている程度で夏道時間で林道終点に到着。
峰の松目沢取り付きの目印、3本目の橋の上で赤岳から横岳への稜線が見えたが白一色とはなっておらずやはり雪が少ないようだ。
2松ノ目沢下部からから稜線を見上げる_0689
     Photo2 橋の上から稜線を望む 

橋から北沢の右岸を少し降った右側のルンゼが今回の目的の峰の松目沢。チョロチョロと流れる水流が見えるが登ってゆくにつれゴーロからは氷のナメに変化し始めたところで荷物をデポし、
3松ノ目沢を登り始める_0655
     Photo3 峰の松目沢はゴーロ歩きでスタート 

氷のナメを登り、
4F1までのナメ_0687
     Photo4 次第に氷のナメになってきた 

周囲の潅木の根元にも雪がところどころ着きだしてくると正面にF1が現れた。
5F1_0656.jpg
     Photo5 F1 

ここでクライミング装備をつけ、落ち口の潅木に垂れ下がった残置を利用しロープで確保。今シーズン初めてのアックスの感触を楽しむ。
F1の上から氷のナメを少し登るとF2が現れたが例年に比べかなり貧弱とのことであるがトップロープでの練習は出来そう。F2は落ち口の岩に確保点があるが、更に奥の潅木に支点を作ってトップロープを張っていただきクライミングを行う。
6F2_0659.jpg
     Photo6 F2にロープを張る
 
7F2_0663.jpg
     Photo7 トップロープで練習 

落ち口から更に上部を見ればいくつか小さな氷瀑が見えるが、上り詰めた先の峰の松目まで雪はなさそうであった。
8F2から上部の氷瀑_0673
     Photo8 F2上部から峰の松目稜線へと続く氷瀑群 

いつもならアイスクライミングのビレー時や休憩時間は寒さに震えるが、今日は気温も高く、背中に陽射しを受けてポカポカだ。
何回か登っているうちに水の飛沫が飛びはじめ、氷の表面も湿り気を感じるようになってきたところで体力回復、休憩がてらにアバラコフの練習に移る。
初めて、BDの”ファーストショット”を使ってみたが、やはり専用の器具とあってスクリューの位置角度が決まるのでなかなかの優れもの。一発で貫通穴を作ることが出来る。
9アバラコフ練習_0667
     Photo9 アバラコフ(V字スレッド)完成 

昨シーズン、金ヶ窪沢でなかなか穴が貫通せず、氷に穴を開けまくったことを思い出した。
正午を過ぎて太陽も高くなり氷の状態が悪くなってきたところで本日の締めを1本ずつ登ってクライミングを終えた。
10F1下降_0681
     Photo10 正面に赤岳・中岳・阿弥陀岳 これから懸垂で降ります 

いままで北沢の登山道を通るたびに峰の松目沢の取り付きはどこか?とキョロキョロしていたが今回チャンスに恵まれアイスクライミングをすることが出来た。その上、こんなに雪が少ない冬の八ヶ岳も経験できた。
11美濃戸からの阿弥陀岳_0694
     Photo11 帰路 美濃戸の駐車場から見た阿弥陀岳 

温暖化でこれが普通になってしまうのか?それとも今シーズンだけが異常なのか???

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

三ツ峠 金ヶ窪沢(150210)

0遥か彼方に甲斐駒ケ岳_7339a
     Photo0 大滝上部からは彼方に甲斐駒ケ岳が見る

記録
日程:2015/02/10
メンバー: Nさん、Sさん、安田

2/10日 天候 晴れ
コースタイム:林道終点(8:40)→氷瀑(9:05~15:00)→林道終点 (15:15)

自宅で練った前回の課題対策の確認を行うために今シーズン3回目となる金ヶ窪沢に出かけた。結果から言えば・・・・満足とは言えずまだ検討余地があるもののどうにか対応できるレベルになっていたというところか。
1スクリューをねじ込んで支点つくりN0663
     Photo1課題対策を確認しながら登る

数日前の降雪のため、御坂トンネル入口手前を右折し天下茶屋に向う御坂みちの上部は雪上路面となっていたが土日での入山者が多かったためか轍がしっかりついていた。トイレ前の駐車場からの林道を進み入渓点からは濃い踏跡をたどって大滝に着いてみると一番乗り。装備を着けやがてトップロープを張るころには後続のパーティもやってきて幾つかある立ち木の終了点のそれぞれロープが懸かり、お互い干渉せずに登ることが出来るぐらいの賑わいとなった。
2後続パーティ準備中_7340
     Photo2 後続パーティも準備中

先週はスクリューをねじ込むと水が噴出した大滝右側もしっかり結氷していたので今回はルートがより長く取れる上部の立ち木に終了点を構築。
3先週より発達した右側の氷_7336
     Photo3 先週より発達した右側の氷壁

今まで大滝上部にまで行ったことがなかったが、今回初めて登ってみると遥か彼方に摩利支天と甲斐駒ケ岳の姿が見える。
今回は比較的長いルートとなったので後から登ってくるフォローの確保や、途中の確保点を使って2ピッチの懸垂下降等マルチの練習も行い今まで以上に中身の濃いものとなった。
今までの大滝は午後になっても氷が太陽の光を受けることがなかったが、今回は滝上部が光を受けて輝く様子が見られた。まだ2月、天気予報では今日が今年一番の冷え込みということで途中の道路で表示されていた気温は-7℃。
4大滝上部に陽がさす_7338
     Photo4 陽射しで輝く大滝上部

しかし太陽高度は確実に増して一歩一歩春に近づいているのが感じられた。

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

三ツ峠 金ヶ窪沢(150202)

1林道駐車場_7329
     Photo0 林道の駐車場、一面の雪

記録
日程:2015/02/02
メンバー: Yさん、安田

2/02日 天候 晴れ
コースタイム:林道終点(9:20)→氷瀑(9:45~14:10)→林道終点 (14:40)
三ツ峠金ヶ窪沢のより新しい情報は ここ にあります

前回のアイスクライミングからおよそ3週間ぶりに金ヶ窪沢に出かけた。先日の降雪で滝が雪に覆われているとか休日にはかなりの人が登っていたとの情報があり、出かけてみると天下茶屋への御坂みちから林道に入ると前回はところどころで凍っていた程度だった道がすっかり雪に覆われていて休日の賑わいもさぞやと思わせるように轍はしっかり踏み固められていた。
トイレのある広場に駐車して装備を背負って林道を登り、滝に向っての下降地点から先もハイカーが間違えそうなくらいしっかりした踏跡が残っていた。
2金ヶ窪沢大滝_7330
     Photo1写真で見ると日陰になっている大滝は暗く見える

滝に到着してみると先行者はなく本日も貸切状態なので装備を整えリードの練習から始める。次いでトップロープ状態で何本か登り休憩。休憩ついでにV字スレッドの作り形を教えていただき早々にやってみるがなかなか難しい。今回は穴明けまでであるが次の機会にはスリング引き出し用フックを使ってアバラコフの練習をしなくては・・・課題です。
リードで登ると支点つくりがなかなか難しい。登り始める前にスクリュー、ヌンチャク等ギャラックにかける際に自分にあった良い整理の仕方を考えないと、いざアイススクリューをねじ込んでヌンチャクをかけるという一連の作業がスムースに行かない。・・・・これも課題
トップロープ時のクライミングでは気にならなかったリーシュ。リードでは支点を作るときにアックスから手を離すためハンドリーシュでは脱着がかなり面倒でこれも考えないと・・・・これも課題
とまあ、今回は課題ばかりが浮かび上がったアイスクライミングであった。
帰りに駐車場をまで戻る途中、大滝下の堰堤を見ると本日出会った唯一のクライマーが氷壁を昇っている真最中。
堰堤上からロープを垂らしての一人登り。
3結氷した堰堤_7331
     Photo2 堰堤の氷壁

先日と比べ氷が発達しており、氷壁も立っているためクライミング練習にはこちらも良さそう。

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

三ツ峠 金ヶ窪沢(150113)

0金ヶ窪沢の氷瀑_7256
     Photo0 金ヶ窪沢の氷瀑

記録
日程:2015,01,13
メンバー: Nさん、安田

1/13日 天候 晴天
コースタイム:林道終点(8:00)→氷瀑(8:50~11:30)→堰堤(11:40~12:50)→林道終点 (13.10)

今までの寒さでしっかり結氷しているとの情報があり今日は少し冬型の天候が緩みそうだったのでこのチャンスを捉え、ついでに富士山見物を目論んで三つ峠の金ヶ窪沢の氷幕へ出かけた。
三つ峠の山小屋の情報では登山道の雪が踏み固められてすべり易いとのことだったが晴天続きで林道には雪がなく、トイレのある林道終点から上のほうではアイスバーンとなっていた。
三ツ峠山目指して登山道を登り正面に支沢の堰堤が見えてきところで左側のブッシュに降ると氷壁を持った堰堤が現れる。この堰堤を巻いて上にあがると目的の金ヶ窪沢の氷瀑。
昨日までの連休でかなり登られているようであるが、氷の状態は上々。リードでのぼりトップロープを張って
1 2ピン目をセットN0589
     Photo1アイススクリューをねじ込んで支点つくり

2終了支点をセットN0599
     Photo2 立ち木に確保支点を作って準備完了

思い思いにルートを選んで登るがさすがに2人だと休む暇もなく登るので数本ずつ登って休憩。
次いで下の堰堤に移り広い堰堤上から立ち木を支点にロープを垂らし、下に降り立ち思い思いに氷壁登る。
小さなツララが重なり合ったグズグズの氷壁、あるいは堰堤のコンクリートが透けて見える透明な硬い氷壁、堰堤の壁を伝わり降りる水流が透けて見える氷壁とさまざまな種類があり登ってみると皆違う。傾斜角度が同じでも氷の状態によってこれほど違うのかと実感。難易度もやはりかなり違う。
氷の状態に合わせたパイルの打ち込み方、アイゼンの蹴りこみ等々良い勉強になった。早く安定して打ち込みが出来るようになりたいと思うが・・・・・やはり場数を踏まねばダメか?
谷間に陽射しが差し込む時間になると急に気温が上昇、休憩間隔の間隔も伸びてきたのでそろそろ体力限界。
本日出会ったのは沢を遡行していったソロクライマーのみであった。

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

日向山 ガンガノ沢

0甲斐駒ケ岳_7227
     Photo0 尾白川林道からの甲斐駒ケ岳

記録
日程:2015,01,05
メンバー: Yさん、安田

1/5日 天候 晴れ
コースタイム:尾白川林道冬季ゲート(9:55)→錦滝東屋(10:40~11:10)→F2(11:20~15:00)→錦滝東屋 (15:10)→ガンマルンゼ(15:20)→林道冬季ゲート(16:20)

例年と異なり八ヶ岳方面は結氷途中で雪が積もり、氷の状態が思わしくないとのことで今シーズン初めてのアイスクライミングは日向山ガンガノ沢に出かけた。日向山登山口の
1日向山登山口_7228
     Photo1 日向山登山口

ほんの少し前に設けられた冬季ゲートまで雪が多少あるものの林道を車で上がることができたが途中に頭大の落石が道路の真ん中に落ちており、路面の轍を見る限り最近通行した跡が多数あるので日常的に落石がありそうなので要注意。
ゲートを入り等高線に沿った落石、崩壊でズタズタの林道を4、50分進むと東屋が現れた。
2錦滝東屋_7226
     Photo2 錦滝東屋

案内板を見るとここが目的の錦滝。東屋正面に見えるF1は結氷途中でまだツララが独立しておりアイスクライミングにはちょっと無理。(F2でのクライミング中に氷の崩落音が聞こえた)
3錦滝F1_7221
     Photo3 錦滝F1

東屋の横から日向山登山道を登り、F1の落ち口を目指してトラバースしF2に行ってみると氷は薄いもののどうにか登れそうとのことでトップロープを張って練習開始。
4錦滝F2_7220
     Photo4 錦滝F2

今シーズン初めてなので氷の感触、アイゼンの前爪の懸かり具合を確認しながら登ってみると氷の薄い部分では内部透けて、岩を伝って落ちる水が見える。さらに氷が厚そうなところでもアックスを打ち込むとまるで太鼓をたたいているようにボコボコ鳴り、内分が空洞になっているようだ。もう少し日数がたてば、やがて内部も凍りつき、最適な状態になると思われるが・・・・・まだ少し時期が早かったか?いろいろルートを違えて何本か登り終えたところでF2でのアイスクライミングを終え東屋に戻り、林道を先へ進んでベータルンゼとガンマルンゼの偵察に向う。ベータルンゼは水が涸れており、林道から見た限りでは上部に細い氷柱が見えるもののアイスクライミングには???
5ベータルンゼ_7225
     Photo5 ベータルンゼ

さらに林道を進んだガンマルンゼは結氷しているものの高さが低く、
6ガンマルンゼ_7223
     Photo6 ガンマルンゼ

リード練習向き???という次第で錦滝F2のアイスクライミングとその周辺見学を終え、冬季ゲートのところに止めた車に戻るころには陽がかげり、夕闇が迫る時間となっていた。ガンガノ沢の錦滝F1、F2さらに上部にはシークレット滝というのがあり、完全に結氷すれば登れるようなので、チャンスがあれば良い時期に再チャレンジしたいものである。

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

安田 和弘

Author:安田 和弘
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

お名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

リンク
訪問者数(from20141110)
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる