西上州 ジジ岩ババ岩

0ジジ岩ババ岩たんす岩_7063
     Photo0 紅葉の中に屹立するジジ岩ババ岩たんす岩の岩峰群
記録
日程:2017,11,20

メンバー:Sさん、安田
11/20日 天候 晴れ :
コースタイム:旧道分岐駐車スペース(8:07)→ミノ滝(9:05)→ジジ岩ババ岩と御堂山への分岐(9:20)→展望台(たんす岩テラス)(9:34~9:56)→帝釈岩への分岐(10:14)→P790(10:25~10:39)→御堂山(11:07~11:22)→ジジ岩ババ岩と御堂山への分岐(11:43)→駐車スペース(12:38)
行程7.4km 累積標高760m     ルートマップは ここ です。

山の麓にまで紅葉が下りてき道路を走っていても陽射しに映えて美しい。昨日今日と一段と冷え込みこれで紅葉が一気に進み見納めになってしまうと思い、陽射しのおかげで暖かく最後に色付く南面に登山道がある低い山は?で思いついたのが 下仁田の御堂山 。
昨年登ったときにはジジ岩ババ岩が展望できるたんす岩基部に着いた時間が早すぎて、昇り始めた太陽を背にして逆光の中に立ち並ぶ姿しか見ることが出来なかったので、今度は時間を遅らせてジジ岩とババ岩の姿をちゃんと見ようと思い下仁田の御堂山に出掛けた。

前回と同じところに車を停め歩き出したが昨年と違っているのは出発時間。2回目なので戸惑うことなく歩けるがその分調子に乗って歩くと予定より早く着いてしまうので途中休憩を取りつつゆっくり歩き。
1西牧関所跡_7052
     Photo1 前回と同じように西牧関所跡の前を通って林道へ 

ミノ滝を過ぎ尾根のコルの分岐まで来ると雲間から漏れた光が樹林越しに射しこみ周囲の紅葉の輝きが増してきた。
2ミノ滝_7054
     Photo2 ミノ滝 黒く見える水流の横の岩を越えて行く。ロープあり 

分岐を左折し尾根を進むとたんす岩の北面の岩峰が行く手に立ち塞がったので基部を右に巻き下り登り返すとたんす岩の南面テラスに出た。
3尾根に立ちふさがるたんす岩_7055
     Photo3 尾根に立ち塞がるたんす岩北面 

テラスの先の露岩上がジジ岩とババ岩を至近に見ることが出来る展望箇所。
4_ババ岩ジジ岩7059
     Photo4 ババ岩(左)とジジ岩(右)

今回は時間が遅いので既に太陽はジジ岩とババ岩の上に昇り、周囲の紅葉の中に屹立する岩峰はなんとも不思議な姿はまさしく奇岩。
露岩上で休憩し次は隣の尾根からの展望を楽しもうと尾根のコルの分岐まで戻りそのまま直進して御堂山を目指して進み、分岐のコルから一登りして御堂山への登山道が北へと折れるところで右折し帝釈岩へと延びる尾根に入った。

急勾配を降る落ち葉の積もった薄い踏跡をたどりコルから登り返して今度はヤセ尾根をトラバース気味に進み、岩を巻き上がると一瞬樹林が切れ右正面にジジ岩ババ岩たんす岩と連なる岩峰群が現われた。
5ジジ岩ババ岩たんす岩_7062
     Photo5 ジジ岩とババ岩たんす岩の岩峰群 奥に見える平らな山容は荒船山

さらに先へ進んで潅木に囲まれたP790に立つと今度は潅木の切れ間から赤城山方面のみ展望が開けた。
6赤城山方面_7060
     Photo6 紅葉の尾根の向こうには薄い雲海の下に高崎前橋の街、さらに奥には赤城山

P790から先へと薄い踏跡は延びている様であったが行き先不明なので陽だまりの中で展望を楽しみながら休憩し御堂山への一般登山道へと戻った。

この帝釈岩へと延びる尾根上でジジ岩ババ岩の岩峰群を遮るものなしに見ることが出来たのは往路で岩を巻き上がったところ一箇所のみであった。落ち葉の斜面はトラバースルートが何本か錯綜しているように見え、岩を巻き上げずに通過してしまうと展望箇所を見逃すかも知れない。

ガイドロープの有る一般登山道の急斜面を登り詰めると御堂山山頂に到着。ガイドブックには妙義山の眺望が良いと書かれているが、今では植林が育ちその枝の間から見えるのみで殆ど展望は無い。良く見れば中ノ嶽神社の金色の大黒様も見ることが出来るが・・・・・。
御堂山からは寄り道せずに往路を登山口へと戻った。

休憩ごとにしっかりと食料補給はしていたが下山してみると丁度昼食時で小腹がすいたので帰宅途中飲食店に立ち寄り名物の下仁田カツ丼を食した。
秩父小鹿野のわらじカツ丼、伊那の味噌カツ丼、それに下仁田カツ丼、どうして山の麓に名物カツ丼が多いのか?う~ん、山から降りたらカツ丼・カツカレー・てんぷら蕎麦食べたくなりますよね。特にテント泊の後。それからなぜかコーラも飲みたくなる。




テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

久々の日和田の岩場

0日和田男岩_7050
     Photo0 日和田の岩場 男岩西面
記録
日程:2017,11,16
メンバー:Nさん、Sさん、安田

11/16日 天候 晴れ :

テレビの天気予報を見ていると予報士の話の中に”明日は今年一番の寒さ”という言葉が良く聞かれる。北から冷たい空気が流れ込んで冬に向かって”徐々に気温が下がるのは当たり前だ”と思っていたが良く考えればおかしい。違和感の原因を考えてみればまだ”今年一番”じゃなくて”今シーズン一番"だろう!

今日も”今年一番の寒さ”が予想された中、久々にクライミングに出かけた。ゲレンデに出向いたのは前回の阿寺の岩場以来8ヶ月ぶり。以前は良く出向いていた日和田の岩場はこの時期午前10時を過ぎると岩の上に陽射しを受け暖かくなり始めるのでその時間を狙って家を出た。
岩場についてみると人影無し。狭い岩場なので独占かと思いつつトップロープを張っているとだんだん人が増えてきて簾状態とは行かないものの岩場にはそこかしこにロープが張られた。
1日和田男岩_7051
     Photo1 各自思い思いにロープを垂らして練習中

やってきたのは旧知の人たち、それにガイドさん御一行など。それぞれロープを張って課題を済ませたかと思うと張り替えて次ルートに移動。
瞬く間にお昼時になって申し合わせたように昼食休憩。

再開すると各所で”体が重くなってきた”との声・・・午前中の疲れも有るかもしれないが、食後で血液が胃のほうに集中しているからそう感じるんですよ!いくら食事を摂ったといってもその重量増加が原因ではありません。大体食べたものの重さが気になるほど繊細な難しいルートじゃない。
そうこうしているうちに徐々に陽が傾き、上空には雲が出だして岩場の上も陽がかげってくると撤収するパーティも出始めた。我々も撤収に取り掛かり、ふと隣の岩場を見れば旧知のパーティが以前と同じようにハングした岩場に取り付いていた。
見学がてら挨拶に出向いてみると、我々の仲間の一人がそこでトライさせて頂くことになり、頑張って挑戦してみたもののあえなく撃退されて腕がパンプ。これにてクライミング練習を終えた。

久々のクライミングで最初はアプローチシューズで登ってみたが、小さなステップでは靴の爪先は掛かっていても靴の中で指が先が逃げてしまい、なかなか次の動作に移る踏ん切りがつかず厳しい。
2日和田男岩南面N3049
     Photo2 ホールドを確認しながら慎重に

足も大きく上がらずこれまた体が言うことを利かない。やはりブランクが長いとダメなことを再認識。
成果といえるほどのものではないが腕を伸ばして岩にぶら下がり普段使わない筋肉を刺激したので、今までの経験上”ぶら下がり健康法”と同じで肩こり解消にはもってこいであったことは確か。




テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

西上州 大山北尾根 天丸山北稜

0大山倉門山天丸山_7048
     Photo0 林道途中から見上げた大山倉門山天丸山のシルエット
記録
日程:2017,11,13

メンバー:安田

11/13日 天候 晴れ :
コースタイム:天丸橋(8:20)→尾根取り付き(8:44)→焼岩展望台(9:10~9:19)→大山(10:08~10:24)→倉門山(10:52)→天丸山(11:02~11:41)→P1(12:26)→P2(12:51~13:03)→P3(13:15)→社壇乗越(13:29)→天丸橋(14:00)
行程8.2km 累積標高1146m     ルートマップは ここ です。

西上州もそろそろ紅葉が終わって木の葉が落ち始めるとシーズンイン。昨年一般道で 大山や天丸山・帳付山 を歩いた折、大山山頂や天丸山山頂から地図に載っていないルートの起終点となるらしい目印を見つけた。
帰宅して調べるとやはりバリエーションルートが在ることが解ったのでシーズンイン早々に出かけてきた。ルートは天丸橋を起点に大山北尾根から大山に登り、大山から倉門山を通って天丸山までの間が昨年歩いた一般道。天丸山から北稜を社壇乗越まで降りそこから林道を天丸橋に戻る周回ルートとした。

しばらく通行止めが続いていた秩父大滝から群馬県の上野村に通じる林道上野大滝線が開通したということで始めて利用してみた。赤岩尾根や両神八丁尾根を目指すときに通る狩掛トンネルは現在通行止めになっているがここからトンネルに入らず直進すると林道上野大滝線の大滝側入口となる。
入口からはしばらくダートが続くがやがて舗装路になり走りやすくなる。しかししばらく使われていなかったためか両側から薄や小枝が伸び路幅も狭い。その上走っていると小さな落石と落ち葉の区別がつかず舗装路とはいえなかなかスピードを出すことが出来ない。
天丸トンネルで県境を越えて降って行くと天丸橋の林道分岐が現われ、直ぐ手前の駐車スペースに車を停めた。

道路から見える堰堤まで天丸沢左岸を歩き堰堤を越えたところで天丸沢を渡渉。左俣の沢筋に沿って登って行くと左の斜面に植林が現われた。
1植林境の沢筋を登る_6983
     Photo1 左折し植林との境界の涸沢の沢筋を登る

植林帯の途切れるところで左折し植林帯と雑木林の境界になっている涸沢を登って行くとやがて大岩が幾つか現れ何処を辿ればよいか思案した。大岩群の手前から右岸の植林帯の急斜面に付けられた九十九折れの踏跡を登ると直ぐに大山北尾根が二分した一方の支尾根に出た。支尾根取り付きまで踏跡は落ち葉で覆われ殆ど不明、さらに目印のテープが付いた木は倒れていて通り過ぎるときに足元に発見することしばしであった。
大山北尾根の支尾根に乗るとしっかりした踏跡が現われたが東からの支尾根に乗り換えるトラバースでは所々落ち葉で隠されたところもあり漫然と歩くことは出来ない。

やがて尾根先端の焼岩展望台に出たが丁度焼岩の上に太陽が昇り、逆光になっているので写真は諦め休憩を取った。焼岩展望台から折り返すように進むと木の根に掴まって登る急登が始まった。
2ロープ1_6989
     Photo2 焼山展望台からいよいよ急登が始まる 

狭い尾根の途中にある岩を巻いたりロープを掴んで登ったりで徐々に樹林越しに展望が広がり、隣の焼岩の姿の変化から頑張って登って稼いだ高度が解る。
焼岩展望台から大山山頂まで6箇所のロープ場を通過するとやがて勾配が緩み大山山頂に出た。
3大山山頂_6996
     Photo3 大山山頂 山名標の後ろから登ってきました

大山山頂は潅木に囲まれていて、周囲の山は小枝の間から見えるのみだがこれから進む天丸山北稜の3つのピークは見ることが出来た。
4天丸山とP1_6999
     Photo4 天丸山北稜の様子 分かりにくいが天丸山本峰とP3

上信国境の山並みの向こうには雪化粧した八ヶ岳も見えたが写真に撮ると???

大山山頂で休憩後、倉門山目指して岩場を降った。途中2箇所ロープがあったが、山頂に近いほうのロープは上部が今にも折れそうなグラグラ動くる枯れ木にフィックスされていて危険。昨年より劣化が進んでいるようだ。倉門山への尾根に降りコルで天丸橋からの一般道と合流し、登り返して倉門山山頂を通過し降ると天丸山分岐に出た。
分岐を右折し尾根を伝って天丸山の岩壁基部に出たところで左に回り込みフィックスされた年代物の太いロープを掴んで岩溝を登り、さらに上へと岩場を登って行くと潅木にかこまれた天丸山山頂。
5天丸山山頂_7015
     Photo5 天丸山山頂 標石の後ろから潅木の茂る急斜面下降に突入

山頂の露岩のうえで休憩し、昨年目をつけておいたバリルート入口から北稜目指して潅木の急斜面に突入。山頂の目印テープは昨年より増えていたが潅木帯突入位置がまちまち。といっても道らしき道は無いので歩けそうなところを選んで急斜面を潅木を掴みながら下降するとやがてヤセ尾根となった。
先端まで進み今度は潅木を掴みながら岩場を降るが、途中フィックスされていたロープはハーケンの先に古い捨て縄で確保されたトラロープ。
6ロープ1_7020
     Photo6 かなり怪しいロープ倒木にはフィックスされていません 上を跨いでいるだけ

持参のロープをだそうかと考えたが周囲は潅木で適当な確保支点が得られないので結局トラロープに荷重を掛けないようにしてバランス取り程度に使って急斜面を通過した。
7P1_7023.jpg
     Photo7 天丸山本峰からの下降途中で見た北稜P3

ロープ場通過後も潅木急斜面は続き漸く勾配が緩むとP3への尾根は平和そのもの。
8天丸山とP1間の尾根_7025
     Photo8 天丸山本峰とP3間の尾根

徐々に高度を下げてゆくと今度はP3の岩壁が出てきた。
左に回りこんでみると岩に食い込んだ太い木の根のさらに上のほうにロープが垂れ下がっていたがロープの下端を握るまでが一苦労。針葉樹の太い根は足を掛ければ滑りそうだし、しかも根が太すぎて掴めない。
9P1登り_7027
     Photo9 P3の岩壁登り ロープ下端は太い木の根のさらに上方 

岩の小さな手掛かりを使ってロープまで登ってみればあとはロープが無くても良さそう。核心はロープ下端までだった。岩場を登りきって尾根を進むと潅木と疎林に囲まれたP3山頂に出た。
10P1山頂_7028
     Photo10 P3山頂

P3から北西に伸びる緩やかな尾根に引き込まれないように注意しながら進むと、右下に木肌に描かれた赤い丸を発見。かなり古いもので殆ど色が消えかかり、良く見ないとわかりにくいが天丸山北尾根には要所云々に残っていた。
この辺りは再び平和な尾根歩きとなり、周囲が雑木林に囲まれた尾根では落ち葉が風で飛ばされてしまって薄っすら踏跡が現われ始めた。

やがて歩きやすい尾根を降りP3とP2の鞍部で岩壁が現れたがここは手掛かり足掛かり豊富なので直登し先へ進むとP2の山頂に出た。
11P2からの天丸山とP1_7034
     Photo11 P2山頂

ここも樹林の中で振り返ると枝越しに天丸山本峰とP3が真近に見え、その距離感とここまでかかった時間とに驚く。P2山頂で休憩し、地形図から見て後はのどかな尾根歩きかと思っていたら直ぐにロープのかかった急斜面が現われた。
13P2降りのロープ_7036
     Photo12 P2からの降り ここが最後のロープ

ここを通過すると落ち葉の敷き詰められた緩勾配の尾根降りとなり少し登り返すと三角点のあるP1に到着。
14P3山頂_7038
     Photo13 三角点のあるP3山頂

さらに降ると突然前方に社壇乗越の道路擁壁が出現。
15_社壇乗越が見えてきた7041
     Photo14 尾根の先に社壇乗越の道路擁壁が現われた 

尾根の切れる寸前で右折し最後は擁壁上部に沿って降って林道に出た。社壇乗越からは前回同様長い林道歩きで天丸橋まで戻りバリルート周回を終えた。

大山北尾根は急登が続き木の根登り多発なので降りに使うと面白く無さそう。体力は消耗するが上りで歩いたほうが良い。ここでの核心部は落ち葉で埋もれて踏跡が不明瞭な尾根取り付きまでの歩き出し部分。降りに使ったので何も悩まず降りてきてしまう。

天丸山北稜は3つのピーク越えと天丸山本峰の登りがあるが岩場は全て南面。北尾根を降りに使うと岩登りがあるが、逆では岩場を降るだけになってしまいロープが欲しい場面も出てきそう。岩場登りで落ち葉を手で払いながらの手足のホールド確保も雪山とは一味違ってなかなか楽しかった。

ぐるり周って5時間弱、登りの肉体労働、ルート探しの頭脳労働で心地よい疲労感であった。






テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

安田 和弘

Author:安田 和弘
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

お名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

リンク
訪問者数(from20141110)
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる